未分類

ここでは、「未分類」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
働きながら勉強し、低学力から難関大学・難関試験に合格する。
この非常に困難な道のりを踏破するのにもっとも必要な要素とは何でしょうか?

勉強の効率?地頭の良さ?勉強に適した環境?

どれも違います。
困難を突破するのに必要なのは、それはモチベーション、つまり「やる気」です。
それも並大抵なやる気ではダメです。尋常ならざるやる気が必要です。

「できれば早稲田に受かりたいなあ」これではおそらく合格を掴み取るのは難しいでしょう。
「絶対に早稲田に受かりたい」「受からなければならない」こう思わなくてはダメです。

私は「今年早稲田に受からなければ自殺する」と半ば本気で思っていました。
今自分が置かれている環境をどうしても、何が何でも変えたかった。そして将来を変えたかった。
それが出来なければ、きっとこれから先、生きていけないと思ったのです。
そして最後までその思いを貫き通した。だから合格できました。


もちろん、大学に行く理由、早稲田を選ぶ理由は人それぞれです。
だけどもし、あなたが早稲田を雲より高い頂上だと認識していて、並の勉強では合格できないと思っているのならば、他人より強いモチベーションを持って下さい。
ちょっとやそっとのことではぐらつかないくらいのモチベーションを。
そうすることができれば、あとは何とでもなります。
勉強の難しさや、仕事との両立の難しさにぶち当たることもあるでしょうが、絶対に乗り越えられます。


工業高校卒の私が早稲田大学という、それこそ雲の上(あるいはフィクション)のように思っていた大学を目指そうと本気で思えたのは、大平光代という弁護士の自伝「だから、あなたも生き抜いて」という本に出会えたからです。
以下、少し長くなりますが、この本と大平さんについて記述します。興味のある人は読んでみてください。

大平さんは中学生時代にいじめに遭い、自殺を図り、その後暴力団の世界まで落ちたものの、更正して宅建、司法書士、司法試験を合格しました。
当然、中卒だった彼女がこれらの超難関試験をパスするためには、並大抵の努力では済まなかったと思います。
しかし合格できた。それができたのは、彼女には人並みでない、尋常ならざるモチベーションがあったからです。

大平さんは中学時代のいじめをずっと引きずっていて、恨み続けていました。しかしその恨みを自分の更正へ向けることができたのです。自分が更正することで見返してやる、と。自分を変えるために必死になって勉強したのです。その結果が、宅建・司法書士試験の合格に繋がりました。詳しい年数は忘れましたが、かなりの短期間だったと記憶しています。宅建もそうですが、司法書士試験は相当な難関試験です。合格率は、3%くらいだったはず。中卒の学力からこんな短期間で合格できるものなのか、と驚かざるを得ません。そうできたのは、勉強のやり方、効率云々ではなく、「自分を変えたい」という並々ならぬモチベーションがあったからでしょう。

その後、大平さんは司法試験に挑みます。10代の頃の大平さんは荒れに荒れていて、両親に暴力をふるっていました。その後悔から、絶対に両親に司法試験合格を捧げたいと思ったのです。これは、モチベーションとしてはかなり強固なものだと思います。やはり人間は、「自分のために」より「誰かのために」のほうが、強い思いを持つことができるのでしょう。しかもこのとき、大平さんのお父さんは癌に侵されており、「来年では間に合わないかもしれない」という危機感までありました。だから、お父さんのために、絶対に今年合格しなければならない、と思いながら勉強したのです。その結果、大平さんは司法試験1発合格を達成しました。

この本を最初に読んだとき、まさに雷に打たれたような衝撃を受けたのを覚えています。
そして文字通り、「人生を変えた本」となりました。この本が無かったら、私は難関大学を目指そうとは思わなかったことでしょう。大平さんには、感謝してもし足りません。


受験生のみなさんには、どれくらい強いモチベーションがあるでしょうか。
また、「自分には○○大学は無理だ」と悩んでいる方。
もしあなたに尋常ならざるモチベーションがあるのであれば、絶対に合格できます。
自分自身を変えたい、自分の環境を変えたい、将来を変えたい、誰かのために捧げたい、etc...

このことが伝わってくれれば、このブログを残しておく意味となるでしょう。
どうか頑張ってください。
スポンサーサイト
このブログは、管理人の2年間に渡る早稲田大学受験を書き綴ったものです。
これから大学受験に挑む受験生が、参考資料としてこの記録を利用してくれたら幸いに思います。


管理人についての簡単なプロフィール

中学レベルから早稲田合格までの日記
 2004年 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
 2005年 01月 02月 03月(不合格) 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
 2006年 01月 02月 03月(合格)

偏差値の推移
 全ての模試結果

受験一年目(不合格時)の成績開示

学部別合格対策
 早稲田大学政治経済学部 合格対策
 早稲田大学法学部 合格対策
 早稲田大学商学部 合格対策
 早稲田大学社会科学部 合格対策

教科別勉強方法(未完成)
 英語 全体について 単語について 精読について 速読について
 国語 現代文 古文 漢文
 政経 政治 経済


このブログで
・「もっとこういうことを書いて欲しい」
・「こういうことが知りたい」
・「こういう風にしたらもっとブログが見やすい」
といったご意見がございましたら、コメントか左のメールフォームよりお寄せください。
このブログに対するご意見ご感想などありましたら
左のメールフォームか、この記事へのコメントにてお伝えください。
僕は子供の時分からとにかく目が良く、高校3年の健康診断のときでも両目とも2.0を維持していました。
勉強もせず本も読まない人間だった、というのが視力の良さの大きな理由の一つであったと思いますが、目のいい家系だったのかも知れません(家族で眼鏡をかけている人間は一人もいないのです)。

そして高校卒業して数年後、大学受験の猛勉強に取り組み始めました。
とにかく必死に勉強しました。時間さえあれば机にかじりついて参考書と問題集とにらめっこしていました。そうして、早稲田大学に合格できたのです。

その猛勉強のおかげでしょうか、大学に入ってすぐの健康診断で視力を測ったところ、左目0.1右目0.2まで激減していたのです。
正直物凄く驚きました。家族に誰も目の悪い人間がおらず、本人も眼鏡と無関係の二十数年間を過ごしていたのに、ほんの1年半くらいの間に2.0から0.1まで下がるとは思っても見なかったからです。

確かに、受験勉強当時少しだけ目に違和感を覚えることはありました。問題集を必死に解いて、ふと顔を上げて視線を前へやると館の奥にいる人がぼんやりとしか見えなかったり、あるいは外に出て遠い景色を眺めてもはっきり見えなかったり・・・。

しかし、まさかここまで視力が落ち込んでいるとは思いもよりませんでした。地元では原付バイクを乗っていましたが、0.1や0.2の視力で乗っていたことになるわけです。自分の視力は年取るまでずっと良いままだ、という思い込みが暗示のようにかかっていたのかもしれません。

話は大学1年の春に進みますが、健康診断が終わった後、さっそく眼鏡屋に行って眼鏡を作ってもらうことにしたわけですが、もちろんすぐに出来るわけではなく、10日ほどかかるといわれました。

僕はこれまでメガネなしで生きてきたので何の問題もないと思っていたのですが、大教室と呼ばれる500人くらい座れる教室での最初の授業で、その考えは完全に覆されました。
黒板の字が、まったく見えないのです。
というか、先生の顔も見えません。
声だけがマイクのおかげで拡大されて聞こえてくるのですが、それだけで授業を受けるのは非常に困難を極めました。
2度目の授業からは、学習して前のほうの席に座るようにしたのですが、それでも結構厳しかったのを覚えています。


長々とくだらない話をしてしまいましたが、いいたかったことは要するに「1年半必死に勉強したら視力が2.0から0.1になっていた」ということです。いま受験勉強を頑張っている方、目を労ってやってください。僕は暗い場所で本を読むという行為はしなかったのですが、本と目の距離が近いことはかなりあったかも知れません。みなさんも、お気をつけください・・・。
浪人していたころはもっと勢いがあった。
毎日勉強しかしてなかったけど、それでも今よりずっと「生きてる」という感じがしていた。
夢を持って、夢に向かって努力していたからだろうか・・・?
それなのに今は・・・

なかなか、更新する気力が湧いてこないのは、きっと今の自分には語るべき話や伝えるべき言葉がないからかもしれない。
きっと、昔はたくさんあったと思う。決意とか、熱意とか、情熱とか。それが徐々に失われてしまったのだろう。
情けない話だ。
このブログを始めたのは2004年2月から、長きに渡り応援しつづけていただいて本当にありがとうございました。

早稲田多浪受験BLOGは本日をもって更新終了とさせていただきます。

最後のほうでぐだぐだになってしまってすみませんでした。

今後は早稲田受験アドバイスBLOGにて活動を続けていこうと思います。

まったりと更新していくつもりですので、気長に見守っていただければ幸いです。

それでは。
アドバイスすると言いながら実行せず、更新すると言いながら実行せず、嘘をつき続けているこのブログに果たして受験生の相談に乗れるだけの信頼がまだ存在しているのか甚だ疑問ですが、それでもコメントやメールで相談を持ちかけてくる方には申し訳ない気持ちで一杯です。

今月初めの期末試験も何とか終え、おそらく人並みには単位を取得できたのではないかと思います。目が回るほど忙しい毎日で、大学編入のことをじっくりと考える時間もあまり取れていませんでしたが、ここにコメントして頂いた皆さんを含め色々な方からの意見を考慮した結果、編入はやめておこうかと考えています。

・・・というか、情けない話ですがまだ後期の授業料を払えておらず、現在必死になって稼いでいる途中なので、来年の編入のことよりも、まず今年本当に2年生になれるのかを考える事のほうが重大問題となっています。



これまで好き勝手にアドバイスしといて、受験前になってからこちらの事情で一方的に更新を停止したことで、もしかしたら学習上の不利益を被った方もいるかも知れません。いや不利益を被らずとも、相談内容に対するこちらからの返答が突然失われたことを考えるだけでも、いい感じはしなかったと思います。本当にすみません。僕は「忙しい」を理由に逃げていたのです。

おそらく今後もしばらくは「忙しい」日々が続くと思います。まともに更新しないならいっそのことこのブログを消してしまおうとも考えましたが、未だに1日200~300のページビューがあり、整理されてはいませんがデータベースとしては多少の役には立っているのかとも考えられるので、このまま残しておくことにします。ただ、このブログ上でアドバイスをすることはやめようと思います。

こちらのペースで「非常に」ゆっくり書くことになると思いますが、新ブログを作ってそちらにアドバイスの活動を移そうと思います。このブログは、このまま眠らせておきます。新ブログは明日か明後日にでも作ってこちらに載せます。


もう受験が済んだ方、ご苦労様でした。
まだこれからが本番の方、もう一踏ん張りです。頑張ってください。
また更新を怠っていました。済みません・・・。
受験生時代以上に一日があっというまに過ぎていきます。明日更新しよう、また明日更新しようと思っているうちにこんなに日にちが経ってしまいました。

来週で授業が終わるので、その後ちゃんと更新しようと思います。

受験生の方にもメッセージを。
そろそろ精神的負担がもっともきつくなる時期ではないかと思います。しかし、ここまで追い詰められるのはきっと一生に一度だけでしょう。ここを乗り越えれば、頂上は見えてきます。諦めずにがんばってください。
コメントへの返事が滞っていて済みません。もうしばらくお待ち下さい・・・。

本来なら受験生の相談に乗る立場なんですが、今回はこちらの相談に乗っていただきたいと思い更新しました。

実は大学編入学を考えています。

そもそも僕が大学を目指した理由は、まあ色々あるのですが、真剣に学問を修めたいと思ったことが大きな理由の一つです。しかし現実としてそれが出来ているかと問われれば、答えは完全にNOといわざるを得ません。

10月分の労働時間は170時間を越えています。仕事が忙しいのは確かですが、別にそれは強制的にやらされているわけではなく、僕が望んでやっていることです。というのは、そうしなければ学費を払うことも生計を立てることもままならないからです。現在、日本学生支援機構から奨学金を受けていますが、足りていないのが現状なのでこればかりはどうしようもありません。

大学へは週に2日しか行っていません。週に5日授業が入っていますが、そのうちの3日は大学に行かず朝から夜までアルバイトをしています。その他大学がない曜日も完全にアルバイトで埋まっており、勉強できるのは大学で授業を受けたあとの数時間だけとなっています。これはその日の授業の復習や課題、レポートに費やされ、資格試験の勉強などをする時間がほとんどありません。

大学に在籍し続けるために授業を切り勉強時間を無くしてまで学費を稼ぐという自分の行為に疑問を持つようになり、学費が安い国立大に編入すればここまで勉強時間を削ってまでアルバイトをする必要はないのではないかと思うようになったということです。「だったら最初から国立大に行けばよかっただろう」という批判は、ごもっともです。自分の経済的事情を考慮すれば国立大に入るのがベターだったはずで、反論する余地はありません。しかし、受験生当時はお金の問題は二の次で、早稲田大学という場所に心底あこがれていて、そこで勉強したいという信念を持っていたからこそ2年間なりふりかまわず必死に頑張ることができたのではないかと思っています。

しかしいざ入学して、ろくに勉強できない生活が4年間続くと思うと何のための大学なのかと疑問を持たずにはいられません。ならば、勉強できる環境を求めて国立大学に移るべきではないかと思うようになったのです。早稲田は好きですが、この場所に固執するつもりはありません。編入して自分にあった環境に身を置きたいと思っています。

この考えは甘いのでしょうか。ご意見をお聞かせ下さい。
また、当方編入の事に関してはほとんど無知なので、何か情報を頂けるとうれしいです。よろしくお願いします。


<追記>
僕は現在商学部に通っていて、経済・経営・会計などを学べる学部に編入したいと考えております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。