中学レベルから早大合格までの軌跡
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1998年3月(15歳)
中学校卒業
勉強というものをまともにしたことがなかったため、学業成績も悪く(通知表は2と3で埋め尽くされていた)、また普通科高校に受かるだけの学力がなかったため、工業高校に進学することになる。

2001年3月(18歳)
工業高校卒業
本当に退屈で、くだらない高校生活だった。
もちろんこの学校には勉強などする者はいなかった。工業高校のカリキュラムは、普通教科よりも専門教科に偏っており、専門教科さえ何とかクリアすれば、普通教科は試験で赤点取ろうが出席が足りなかろうが大目に見てもらえるというシステムだった。
この学校の多くの生徒の特徴として、入学時よりも卒業時のほうが普通教科の学力が落ちている、という点がある。
高校3年次に、高校入試の問題を解こうとしてもさっぱり解けないのである。そういう点では愉快な学校だったと言えるかも知れない。

2001年4月(18歳)
就職
地元の企業に就職。
低賃金のくせに金だけは貯まる。使う時間すらなかった。ただひたすら激務。
もっとマシな職に就こうと、スキルを求めて専門学校への進学を考えた。

2001年12月(19歳)
退職
限界に達したと感じ、辞表を提出。
その3日後から深夜コンビニでアルバイトを開始。夜10時から朝8時までを週6日入り、3月一杯まで続けて専門学校のための資金を貯めた。

2002年4月(19歳)
専門学校入学
そこに求めていたものは何もなかった。

2003年3月(20歳)
中退
まず第一に、2年次の授業料を払う資金が無かった。
第二に、ここに居てもどうにもならないと感じた。
したがって選択肢は一つしかなかった、辞めることだ。

2003年4月(20歳)
フリーター
ぼんやりとバイトをして暮らす日々。

2003年9月(21歳)
勉強開始
大学受験を思い立ち、手探りで勉強を始めた。
ただ、バイトに多くの時間を費やしていたこともあり、12月までは多くても1日2時間程度しか勉強していなかった。

2004年1月(21歳)
堕落
1月の間はただの1分も勉強しなかった。

2004年2月(21歳)
blog開始
勉強の記録を目的としてblogを書き始めた。

2005年2月(22歳)
早稲田受験
政治経済、法、商、社会科学を受験した。

2005年3月(22歳)
全て不合格
数日後、五浪を決意。

2006年2月(23歳)
去年と同じ四学部を受験。

2006年3月(23歳)
早稲田大学商学部と社会科学部に合格
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。