中学レベルから早大合格までの軌跡
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
携帯を買ったのでしばらくの間は、主にコレで更新したいと思います。あんまり長い文章は書けそうにないですけどね…。
大学のPCを使える時間があるときはそちらから更新します。
前に書いたメールアドレスはパスを忘れてみれなくなってしまったので、近いうちに新しいのを取得しますので、そちらに送って下さい。
スポンサーサイト
またしても、非常に連絡が遅くなってしまってすみませんでした。
とりあえず生きています(笑)
書きたいことが山のようにあるんですが、あまり時間がとれませんので最小限の報告のみさせていただきます。

まず、現在早稲田大学の学生としてなんとかやってます。
3月22日の時点で決めていた引越し先はとある事情により急に変更せざるを得なくなり、再上京→住むところを探す→入居審査パス&契約→実際に引越し を3日で行うという半端無い忙しさに見舞われていました。
その後すぐ入学式があり、科目登録をしたり、引越しの荷物を片付けたりバイトを探したり奨学金登録で問題が発生したり・・・とにかく瞬く間に時間が過ぎ去りました。12日からは春学期の授業が始まりました。登録した科目は全て通ったので、今のところ自分の計画通りの生活を送れています。

それにしても、この大学はすさまじいパワーに満ちていると日々感じます。他人から何かを指示されて動くのではなく、皆自分の意思を持って、自分で行動を起こし、自分で大学生活を楽しもうとしています。この場所には、その一つ一つの力が何万も集まっています。ここに居ると、「何か行動を起こしたい」という気にさせられます。受験生時代に想像していたよりも凄い大学だと感じています。



現在、家のネット環境が整っていないので、毎日~数日おきに更新するのは厳しいかもしれません。(今は、大学の某コンピュータルームから書き込んでいます。)ネット環境が整うとしたら、奨学金が出てからになると思います。ただ、近々携帯を買い換える予定なので、携帯から更新するようになるかもしれません。

それと、メールの確認ができないので、個人的に連絡がある方はコメント欄に投稿をお願いします。非公開でも構いません。
>2006/03/31(金) 22:11:50 にコメントくださった方へ
科目政経に転向して一年で合格ラインに行けるかとのことですが、可能といえば可能です。が、これは政経にどの程度時間を割くことができるか、他科目(特に英語)の学力はどの程度あるか、政治経済に興味があるか、予備知識はどの程度あるか、によって変わってくると思います。
そして、選択科目が歴史か、地理か、数学か、そして現在の成績がどの程度かわからないのであまり強く言うことはできませんが、安易な転向はやめたほうがいいと思います。
もし日本史を毎日3時間勉強してるのに偏差値50くらいで止まっている、伸びる見込みがないというなら転向したほうがいいと思いますが、そうでない場合、たとえば偏差値65くらいで伸び悩んでるし、過去問もムズかしくて解けないから政経に転向しようかな~、と考えているならやめておいたほうが無難です。
社会科目はそれほど大きく合否を左右しません。政経をゼロから積み上げるよりは、今まで勉強していた科目を辛抱強くやりながら、英語の勉強に力を入れたほうがよっぽどマシです。
僕に関していえば、今年の社学の科目政経は鬼のような難易度でした。自信を持って「解けた!」と言える問題はほとんどなく、カンで答えたのが3割くらいありました。それでも合格できたのは、英語で高得点を取れたからです。
このように、社会科目は得点できるか否かが不安定なので、それよりも英語を安定して高得点を狙えるようにしたほうがいいと思います。



最後に、SpeedFlexさんを始め情報や応援を下さった方々、本当にありがとうございました。まだまだなれない大学生活ですがこれからも頑張ります。


また更新します。では。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。