中学レベルから早大合格までの軌跡
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕は子供の時分からとにかく目が良く、高校3年の健康診断のときでも両目とも2.0を維持していました。
勉強もせず本も読まない人間だった、というのが視力の良さの大きな理由の一つであったと思いますが、目のいい家系だったのかも知れません(家族で眼鏡をかけている人間は一人もいないのです)。

そして高校卒業して数年後、大学受験の猛勉強に取り組み始めました。
とにかく必死に勉強しました。時間さえあれば机にかじりついて参考書と問題集とにらめっこしていました。そうして、早稲田大学に合格できたのです。

その猛勉強のおかげでしょうか、大学に入ってすぐの健康診断で視力を測ったところ、左目0.1右目0.2まで激減していたのです。
正直物凄く驚きました。家族に誰も目の悪い人間がおらず、本人も眼鏡と無関係の二十数年間を過ごしていたのに、ほんの1年半くらいの間に2.0から0.1まで下がるとは思っても見なかったからです。

確かに、受験勉強当時少しだけ目に違和感を覚えることはありました。問題集を必死に解いて、ふと顔を上げて視線を前へやると館の奥にいる人がぼんやりとしか見えなかったり、あるいは外に出て遠い景色を眺めてもはっきり見えなかったり・・・。

しかし、まさかここまで視力が落ち込んでいるとは思いもよりませんでした。地元では原付バイクを乗っていましたが、0.1や0.2の視力で乗っていたことになるわけです。自分の視力は年取るまでずっと良いままだ、という思い込みが暗示のようにかかっていたのかもしれません。

話は大学1年の春に進みますが、健康診断が終わった後、さっそく眼鏡屋に行って眼鏡を作ってもらうことにしたわけですが、もちろんすぐに出来るわけではなく、10日ほどかかるといわれました。

僕はこれまでメガネなしで生きてきたので何の問題もないと思っていたのですが、大教室と呼ばれる500人くらい座れる教室での最初の授業で、その考えは完全に覆されました。
黒板の字が、まったく見えないのです。
というか、先生の顔も見えません。
声だけがマイクのおかげで拡大されて聞こえてくるのですが、それだけで授業を受けるのは非常に困難を極めました。
2度目の授業からは、学習して前のほうの席に座るようにしたのですが、それでも結構厳しかったのを覚えています。


長々とくだらない話をしてしまいましたが、いいたかったことは要するに「1年半必死に勉強したら視力が2.0から0.1になっていた」ということです。いま受験勉強を頑張っている方、目を労ってやってください。僕は暗い場所で本を読むという行為はしなかったのですが、本と目の距離が近いことはかなりあったかも知れません。みなさんも、お気をつけください・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。