ノータイトル

ここでは、「ノータイトル」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語
・単語王2202
・英熟語Always1001
・英語頻出問題総演習
・英文読解の透視図(3週目)

政治経済
・実力をつける政治・経済80題(3週目)
・政経問題集の別冊付録

国語
・出口のシステム現代文 ベーシック編
・富井の最強古文読解1 入門編
・漢文早覚え即答法


英語と政治経済に関してはこれらの参考書を最後の日まで使用。
現時点で単語王は1400、英熟語は500まで学習済み(1周目)。
それぞれ1周目が終わったら英語頻出問題総演習も開始予定。
パラリー系の参考書も1冊購入予定。何をやるかは未定。
年末からは英作文の参考書も1冊やる予定。たぶんZ会のやつ。

政経問題集の本体は使わず、付録(時事問題)を使用。
その他イロイロ読み物。
早稲田の過去問を1日1題ずつ消化中。

現代文は1日1.5h--2hに増やす。
中堅私大古文は富井が終わったら戻る。
漢文は早覚えに変更。後半にまとまった時間を取って一気にやる予定。


えー、いろいろ考えたり実際にやったりした結果こんな感じになりました。
英社の参考書はおそらくもう変更は無いと思います。
現代文がいい加減やば過ぎるのでやる時間を増やしました。
英語5h、政経2h、現代文2h、古文1h こんな感じで。

あと今月の早大即応模試受けます。みなさんガンバリマショウ。
コメント
この記事へのコメント
ロジリー失敗やったみたいですね・・。
でもやらないで後悔より、やって後悔の方がいいですもんね!
英熟語AlwayS1001僕も使っています。
それの旧作も持っていますが、僕にとってはパワーアップしてさらに使いやすくなったと思います!
構文とか会話等が収録されていて、確認用には重宝しそうです。
最近思ったのですが、
インターネットが普及されて独学がほんとしやすくなったと思います。普及される前だと参考書選びでも口コミや先生推薦、本などで調べるしかないですから。ネットだと大多数からの意見が知ることができますから。
色々推薦やら批評やらで迷わせる事もありますがそれ以上に独学者にとっては素晴らしい事だと思います。
2004/10/27(水) 13:04 | URL | tora #79D/WHSg[ 編集]
パラリーのことですが読み方と解き方に重点がおかれている
中澤先生のやつを見てみて下さい。
リーズニングという解法によって正解率がアップします。
現代文にも効果がある人がいるそうです。
2004/10/27(水) 15:18 | URL | でわ #79D/WHSg[ 編集]
本当にその通りですね。ネットは上手く使えばこれほど強力な助っ人になるものは他にないと思います。
こうして同じ志を持つ人同士が気軽に情報交換しあったり、励ましあったりできることも素晴らしいことですね。
>ではさん
「中澤の難関大徹底--」は今のところ第一候補に入れてあります。ついていけると良いのですが・・・
2004/10/29(金) 00:17 | URL | マツ #79D/WHSg[ 編集]
パラグラフリーディングだったら、福崎伍郎先生が河合出版からだしてる、王道シリーズもいいかもしれません。
2004/10/29(金) 10:09 | URL | ノエル #79D/WHSg[ 編集]
僕もノエルさんと同意で、パラリーがいいですね。
自分のオリジナル読解法編み出すより、ずっと危険性が低いですし、マツさんの偏差値からして解釈と並行しても問題なさそうです。
王道シリーズは4冊ですので網羅性が高いかなと思います。割とサクサク進める本なので。個人的には自分がどんなに学力が高くても中澤さんのその本にはおっくうになります。独学だと他人や周りの進行と比較しにくくて尻込みしやすくなるんですね。何事も消化するにはやさしいお粥さんからと思ってますんで(笑)
2004/10/29(金) 16:54 | URL | tora #79D/WHSg[ 編集]
王道シリーズは第二候補ですね、というかこの二つくらいしか思いつきませぬ・・・。
早大模試の結果も交えて考えるつもりです。
2004/10/29(金) 23:51 | URL | マツ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wasedatarou.blog12.fc2.com/tb.php/126-ceef5241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。