学習記録12/30

ここでは、「学習記録12/30」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語
赤本 法学部
単語王2202(3周目)
即戦ゼミ3 英語頻出問題総演習
英文法語法のトレーニング戦略編

現代文
現代文ターゲット別問題集 (ハイレベル私大編)

政経
センター赤本
現代社会の最新時事2004--05年時事ネタブックスDX
朝日キーワード 他

古文
早大入試プレ問題集


法学部の超長文が辛い。
文法問題が出来ない。
英作文が書けない。
古文が読めない。

時間が・・・無い。
コメント
この記事へのコメント
あきらめないで、頑張ろうね。
受かるかどうかではなくて、「自分は何を出来るか」ということを考えるといいようです。
結果よりプロセスにこだわれ!
自分の一番が出せるように。
受験というのは勝負です。でも、勝負ごとというのは、結果にこだわると負けてしまう。「絶対合格」などと、絶対を自分に課すと不安の方が大きくなってしまいます。そのプレッシャーに負けてしまうかもしれません。自滅しないためには、結果よりプロセス(過程)にこだわってほしいですね。結果はプロセスの積み重ねで出てくるもの。だから、どう戦うかはどういうプロセスを作っているかということにかかっています。
「精一杯やったからいいじゃないか」と開き直れるくらいのいい戦い方をしてください。自分のいい面が出せれば、いい結果もついてきます。どんな状況にあっても「今ここに生きる」という覚悟でのぞもうということです。
東進のHPから引っ張ってきました。
もし暇があったら東進のサイトを見てください。
何か役に立つ情報があるかもしれません。
先生のアドバイスは役に立つと思います。
先生たちの波瀾万丈の人生が面白い!!
是非みてください!特に出口先生が一番面白い!!出口先生は管理人さんに似てるところがあるんですよ?
2004/12/31(金) 02:59 | URL | ノエル #79D/WHSg[ 編集]
一浪して下宿していたんですが、同じ寮に僕の志望校である京都大学の学生が住んでいたんですね。夏くらいまでは、「何であんな奴が受かるんだ。あれなら自分の方が頭がいい」ぐらいに思ってたんですよ。ところが、いざ入試が近づいてきたら「彼らはやっぱり凄い」って思えてきた。
僕はダメだ。絶対に受からない。だけど、どうしても京大に行きたい。強烈なプレッシャーと志望校への想いとの挟間でどうしていいかわからない日々か続きました。だけど、フッとこう思ったんですよ。受かるとか落ちるとかは度外視して、自分に何ができるかやってみようと。
僕は毎年言うんです。「入試とは発表会のようなものだ」って。これは僕の受験体験から出た言葉です。試験で難しい問題を出すのは目指してくれる受験生に対する大学側の礼儀じゃないですか。
合否を考えると怖いけど、自分の持っているものを精一杯表現するのが試験なんだと考えれば、難しい問題が出るのは怖いことではないし、問題ができないのは恥ずかしいことでも何でもない。
そういうふうに考えるようになって、僕は試験を受けたくなった。入試当日はとてもうれしかったことを覚えています。本番入試だろうが何だろうが、自分ができる範囲で全力を尽くすだけです。自分なりの表現を気持ちよくすればいいのです。
僕はよく人から「運がいい人だ」って言われて、自分でも運は強いかなって思っていたんですよ。でも、ある人に「それは人生の選択の仕方が上手いんだよ」といわれて、なるほど、と。
運っていうのは与えられるものじゃなくて、よい選択をして自分で作っていくものなんだと思います。そして、それは自分だけの欲望ではなくて、自分のすることがどう役に立つのかというような視点も含めて、気持ちよく生きたいってことでもあるんです。
人生はどの道を選んでも予測不可能なトラブルやリスクがつきものでしょう。でも、自分にとって気持ちのよい選択であれば、困難は自分の対応の仕方次第でいくらでも乗り越えられる。
試験を自分にとって気持ちのいいことにできたことが、僕の運を開くきっかけになったと言えると思います。
あとこのコメントにも僕は勇気ずけられました!
2004/12/31(金) 03:11 | URL | ノエル #79D/WHSg[ 編集]
1超長文が辛い。
2文法問題が出来ない。
3英作文が書けない。
1.と3.を解決する方法だけど、
前にもいったように、本正弘先生の
本は読んでみました?
赤本やっていても力つかないですよ?
2004/12/31(金) 05:10 | URL | とおりすがり #79D/WHSg[ 編集]
>ノエルさん
お久しぶりです。
この時期、プレッシャーは全員にかかっているでしょうから、
メンタル面の管理は非常に重要ですね。
僕はこの受験が最初で最後になりますから
悔いだけは残さないよう努めます。
頑張りましょう。
>とおりすがりさん
ありがとうございます。
何をやるべきか、どれをやるべきかの最終的な取捨選択の判断は
これまで通り僕自身が下したいと思います。
2004/12/31(金) 08:07 | URL | マツ #79D/WHSg[ 編集]
英作文は
長文を読んでいるうちに使えそうな表現が出てきますので小さいノートとかにまとめておくのも手かと思います
古文はオススメなのが音読でしょうか。
やはり文化的なものだけあって理論的に考えていくより慣れが大切なものです。
英語もそうですが1週間程度でも読んだ文章を音読するだけでもその分野に関するある種のフィーリング(悪い意味じゃないです)が養われてきますので最後の1時間程度は今日やった文章を音読しては如何でしょうか。
時間は・・人間24時間平等ですから。。
自習室で勉強をしていて思いました
「たぶんこれからも受験が終わっても暗い日々が続いて
気が付いたら人間墓の中というように時間は早く流れて誰しもがいつかは死ぬ
死ぬのならこんなことやってても意味がねーな
学歴が欲しくて、とりあえずのためにこれだけやるという欲、まさに自分は悪だー
お釈迦様は欲を出せば人間不幸になると言ってたのに
なんで俺こんなにやってんだろ」
って思いつつも苦手な日本史をやっていました。
帰る時間になっても電車の中で思っていて
「あーでもいつか死ぬって事は生きているっていう時間を与えられたって事だなー」
と気が付いて
「このまま死ぬならどうせ不幸のどん底で死んでやる、俺の生きている時間は俺のもんだーッッッ!」
とかjojo風に脳内で自分に語りかけていました。
どうせ死ぬなら不幸のどん底で、抗って死んでやる
そう思いつつ最近はやってます。
2004/12/31(金) 09:17 | URL | mozu #79D/WHSg[ 編集]
>mozuさん
こんばんは。
なるほど、ノートにまとめるという手があったんですね。
僕は勉強を始めてからこれまで、後で見直すためのノートというものを作ったことが無かったので思いつきもしませんでした。
(あるのは問題の答えを書くための書きなぐりノートのみ)
脳内で自分との会話をするのは自分も結構やってます。
内容も同じ感じですね・・・。
問題提起して、脳内解決して、また同じような問題を引っ張り出して・・・の繰り返しです。
ポジティブシンキングを続けるのはかなりしんどいので、たまには憂鬱のどん底まで沈んだほうが逆にラクになります(笑
2005/01/01(土) 23:41 | URL | マツ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wasedatarou.blog12.fc2.com/tb.php/182-6d3f3978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。