グレシャムの法則

ここでは、「グレシャムの法則」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
って知ってますか?
「悪貨は良貨を駆逐する」という言葉で有名のようです。
なぜ悪貨が良貨を駆逐するかというと
イギリスで絶対主義を確立したエリザベス一世に仕えたグレシャムは、時の内外の絶対専制君主が財政事情に困ると、金貨・銀貨といった貨幣に混ぜものを施した「悪貨」を増発し、その結果、混ぜものをしていない「良貨」が巷から姿を消すことに気がついた。例えば、金の含有量を1割減らしたとしよう。人々は元々あった金貨を家に貯め込み、金が9割しか含んでいない悪貨を使おうとするだろう。家に溜め込んだ良貨を金の延べ棒にすれば、1.11倍(=1/0.9)の貨幣を手に入れられるからである。この場合、確かに悪貨は良貨を駆逐する。
引用元 Toshitaka Sekine Web Page 悪貨は良貨を駆逐するか
ということらしいです。
しかし、現代ではこの法則の通りにはいかない例の一つとして
例えば、インドシナ半島の小国ラオス。同国は、社会主義制度から市場主義経済への体制移行に努めているが、残念ながらなかなかうまくことは運んでいない。最近では、GDP比10%近い財政赤字を中央銀行がファイナンスするといった超緩慢な財政・金融政策がとられた結果、現地通貨のkipが増発され、消費者物価指数の上昇率は1998年で142%、1999年も110%近いハイパー・インフレを経験している。と同時に、増発されたkipは、外貨(米ドルやタイ・バーツ)に対して値を下げ、例えば米ドルに対しては、1997年半ばから90%近く減価している。この場合、人々はこぞって価値がどんどん目減りするkipを外貨に替えている。広義マネーに占める外貨のシェアは元々40%程度であったが、1998年末には70%近くにまで上昇した。現にkipを使っているのは、kip建てで給料が支払われる公務員だけで、その他の人々は、国内での交換手段にも外貨を用いるのが現状と聞く。この場合、グレシャムの言葉に従えば、金に混ぜものをするかのごとく、何の裏づけもなく増発されたkipは悪貨に他ならない。しかし、グレシャムとの大きな違いは、悪貨(kip)が良貨(米ドル、タイ・バーツ)に駆逐されていることにある。
とラオスをあげています。
つまり何の担保もなしに国が貨幣を増発したために(紙っぺらを紙幣に換えたために)インフレが起こり、同時に中央銀行の信用が低下して、ひいては外貨に対して現地通貨の価値が下がってしまったというわけです。
そういえば日本も戦後にハイパーインフレが起こっていますね。
石炭や鉄鋼などの基幹産業に重点をおく傾斜生産方式のために、復興金融金庫を設立し日銀(日本の中央銀行)引き受けでその資金をまかなったのが原因でした。
結局この騒ぎはドッジラインによって収束し、財政法の制定で日銀引き受けの禁止(市中消化の原則)が定められたのでした。

同ページでは、ハイエクという経済学者のことばをあげて
「変動相場制のもとでは、質の劣った貨幣はより低いレートがつくことになる。さらにレートが悪くなる恐れがあるときは、人々はできるだけ早くそのような通貨を手放そうとするであろう。その結果、使いづらいお金や価値のないお金は急速に廃れ、様々な機関が発行する貨幣のうち、人々が最善と思うものだけが生き残ることになる。」
諸々の国の通貨が交換される国際金融の世界では、グレシャムの法則とは反対に、「悪貨が良貨に駆逐される」のである。
と、グレシャムの法則の例外を結論付けています。
また円についても言及し、
金融市場の規制の多さと日本の政治・官僚システムに対する不信
と円の問題点を指摘し、
結局のところ、ある貨幣が良貨であるか否かは、グレシャムが問題にしていたような、貨幣が増発されているかどうかだけではなく、政治・経済システムに裏打ちされた「通貨の信認」が重要ということだろう。こうなると、円が良貨といえるかどうかは、日本が構造改革を進め、世界の信認を得られるかにかかっているように思える。
とまとめています。
ううむ、奥が深い。グレシャムの法則め。


実はこの「グレシャムの法則」が早大商学部の空欄記述&論述問題として出題されたのです。
こんな法則聞いたこともなかった・・・当然不正解。
今までやってきたどの参考書にも用語集にも載ってなかったから"難問"として捨てても良い問題なのかも知れないけど、この法則のことを書いてる多くのサイトで「悪貨は良貨を駆逐する」を"有名な"だとか"あの"とかいう言葉を付けて言ってるものだからもしや常識すぎて参考書に載ってなかったのか、と思ってみたり。
商学部の政治経済の結果は(マーク・記述・論述全て1点として)40/60=66.6%でした。だめだこりゃ。

ちなみにこちらのBLOGではグレシャムの法則と犬の糞を関連付けていらっしゃいます。
やはり奥が深い。グレシャムの法則め。


コメント
この記事へのコメント
グレシャムの法則・・・・・・
確か清水の政経問題集の方に載っていませんでしたか?
そんなに奥深い話だとは僕も思いませんでしたが・・・
グレシャムの法則め。
2005/03/14(月) 03:26 | URL | omiso #79D/WHSg[ 編集]
>確か清水の政経問題集の方に
ほんとですか!?なんてこった・・・
一応直前に3周回したんですが・・・脳内で削除されていたのかもorz
あとでもう一度見てみますね、ありがとうございました。
2005/03/14(月) 03:45 | URL | マツ #79D/WHSg[ 編集]
リンクさせてもらいました。
来年、互いに早稲田に受かるために奮闘しましょう。
2005/03/15(火) 16:43 | URL | 佐々木 #79D/WHSg[ 編集]
はじめまして。リンクをさせてもらいました。僕も早稲田志望です。学力の方はスカスカですが1年間頑張ろうと思っています。
お互い勉強頑張ろう!
2005/03/15(火) 21:39 | URL | マスター #79D/WHSg[ 編集]
>佐々木さん、マスターさん
お初でございます。
来年2月の試験に向けて、頑張りましょう。
長いようで短い1年になることを祈ります。
必死にやっていると月日はあっという間に過ぎてゆくものですから。。。
2005/03/16(水) 01:04 | URL | マツ #79D/WHSg[ 編集]
早大ではないですが、某大学の国際金融論の授業のレポートで素材探しをしてたのですが、参考にさせていただきました・・・・

なかなか面白く読ませていただきました。
ありがとうございます。
2007/04/19(木) 16:58 | URL | ねこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wasedatarou.blog12.fc2.com/tb.php/196-67b1f9c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
グレシャムの法則グレシャムの法則(―ほうそく)は、ポーランドの天文学者ニコラウス・コペルニクスが発見した経済学の法則。16世紀の経済学者トーマス・グレシャム(Thomas Gresham)にちなんで、この名前がつけられた。日本語では内容の要約、「悪貨は良貨を駆逐する」で知
2007/10/03(水) | 経済学のことを知ろう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。