学習記録3/24

ここでは、「学習記録3/24」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
単語王
ビジュアル
毎年出る頻出英語長文
現代文のトレーニング必修編
古文上達
7時間くらい

お前の道を進め、人には勝手なことを言わせておけ byダンテ
コメント
この記事へのコメント
私はマツさんと同じく、
ビジュアル挫折→富田100原で感動した者なんですが、最近またビジュアルをはじめてみようと考えています。
見るのもいやだったくらいなのに・・・
マツさんはなんでもう一度ビジュアルを始めようと思ったんですか?
私はビジュアルで、
1前から読む練習
2富田の方法論をできるだけ意識しないで読む訓練
をしようと考えています。
2005/03/28(月) 16:53 | URL | シーター #79D/WHSg[ 編集]
フォレストと同じですよ、ただの復習です。
富田100原と英文読解の透視図の内容もビジュアルで補えますし、何より今年は速読と実践的な長文問題の解き方を中心にやっていくつもりなので、語彙+初歩文法+英文解釈は、必要最低限の土台として早めに固めておく必要があると感じたからです。
まだ11ヶ月もありますし、今からビジュアルに取り掛かるのはアリだと思いますよ。富田100原だけでは英文解釈に少し不安が残ると思いますから。具体的に言えば、倒置・挿入・同格の見極めなんかは100原だけでは足りていないと思います。たしかに私大の長文問題ではこのような精密な解釈よりも速度が求められますが、精読の土台があってこその速読ではないかと個人的には思っています。
「前から読む練習」に関してですが、これも速読には必要になってきますね。100原では返り読みをしていますが、前から後ろへ直読直解してゆく伊藤流のほうがより実践的です。
2005/03/29(火) 01:09 | URL | マツ #79D/WHSg[ 編集]
マツさん返事ありがとうございます。
もうひとつ質問させてください。
マツさんはビジュアルをどのように使ってすすめていますか。
後、復習をどうやってるか教えて下さい。
2005/03/29(火) 21:01 | URL | シーター #79D/WHSg[ 編集]
去年の11月ごろにやった使い方を書きます。
1.焦点の例文と解説を読む
2.本文を読む
3.研究のReviewを読む
4.本文を読む
5.解説を読む
6.ホームルームを読む
7.全訳と照らしあわせながら本文を読む
大まかな流れはこうでした。
それぞれ細かく説明します。
2の「本文を読む」では一文一文丁寧に品詞分解しました。富田100原をやったあとなら比較的ラクに出来ると思います。それでもよくわからないセンテンスが出てきたときは、あとで見直したときに目立つようにペンで印を付けておきました。
3の「研究のReviewを読む」について。Reviewに書いてある例文は過去にやった本文に出てきたものです。そしてこの例文と対応するセンテンスが、今やっている本文の中にもあるということを意味しています。
そこで4に移ります。Reviewの例文に対応するセンテンスを本文から見つけ出し、印をつけました。
次に5「解説を読む」。じっくり噛みしめ、読み飛ばしせず、理解できるまで粘って読みました。8割がたは、先におこなった品詞分解のおかげですんなり理解できると思います。残りの理解しにくいところに特に時間をかけました。理解できないまま放置すると最後まで苦手意識がこびりつくことになりますから、出来るだけ投げ出さないほうが良いと思います。なるほど!と思ったところや、理解しにくいところにペンで印をつけていました。
次に6「ホームルームを読む」。ホームルームでは解説で扱わなかった部分の補足や、疑問なんかを生徒と先生の対話によって解決しています。が、僕はここはあまり真剣に読みませんでした。そもそもこのホームルームで提示される質問や疑問の意味がよくわからないことが多かったからです。
最後に7をやって、一連の流れは終わりです。ここまでにかける時間ですが、パート1では1時間、パート2では1時間半--2時間くらいでした。
次に復習方法を書きます。
僕はちょこちょことマメに復習するのが大嫌いな人間なので、「一日の終わりに今日やったことの復習」とか「昨日やったところの復習」とかはやりませんでした。そこで一気に1冊終わらせてから、また最初から復習する、という方法を取りました。
肝心の復習の内容について。
1.焦点の例文を読む
2.本文を読む(印がついてる部分を中心に)
3.解説を読む(     〃     )
4.本文を読む
こんな感じです。時間は30分--60分くらいかけていました。
今やっている復習もだいたい同じ感じです。
ちなみに、僕はノートというものは一切使いませんでした。品詞分解や他いろいろも全て参考書に直接書き込みました。
2005/03/31(木) 20:41 | URL | マツ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wasedatarou.blog12.fc2.com/tb.php/203-3023b372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。