早大(商)2002年度の過去問

ここでは、「早大(商)2002年度の過去問」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
努力しても報われないかもしれない。これは事実だろう。
だけど、少なくとも努力しなければ絶対に何も変えることはできない。
これまで怠惰な人生を送ってきた自分だからわかる。
人より5年も出遅れてしまったけれど、何とか変わりたいと思っている。
この受験に勝つことが出来れば、自分は一つ変われるはず。
ここを人生のターニングポイントにするために、今の努力は決して惜しまない。絶対に勝つ。


早大(商)2002年度の過去問
■英語

解いてからすぐ思ったこと
・日本語の記述で答えるのは和訳1題と内容15字記述のみ
・TFが難解
・1センテンス挿入問題が新しい

答えあわせ後に思ったこと
・英訳では綴りの間違いを犯す危険の少ない表現を選ぶ(intend to V よりbe going to Vのほうがカンタン)
・和訳は意外な意味を持つ語が狙われている(Given~ ~を考えると、前置詞のsave=except=but など)


■国語

解いてからすぐ思ったこと
古文
・現古融合
・現代文の部分で説明されているのを見逃さないこと
・設問が難しい
・古文に関して文法問題はない
現代文
・文法的な問題が2つもある
・慣用表現の問題が頻出
・趣旨そのものは捉えやすい

答えあわせ後に思ったこと
古文
・傍線部解釈では疑問か反語かを見分けるものがよく出る
・空欄の入る語句を文中から抜き出す問題は、表現の対応に注目すること


■政経

解いてからすぐ思ったこと
・問題数が多い(特に空欄補充)
・全体的に難しい
・国会の制度を細かく聞いてくる

答えあわせ後に思ったこと
・計算問題はじっくり考えれば答えが出せるが、点は他と同じ1点なので無理してやることもない
・かなり細かいところまで聞いてくる
・問い方の視点が変わっているので、問題文をよく読むこと
・何を問われているのか注意すること
・判例に目を通しておくこと
・国会や選挙に関する問題が毎年出ている
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。