早大(商)2000年度の過去問

ここでは、「早大(商)2000年度の過去問 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついに12月に入りました。
今年も今月で終わりです。早いもんですね・・・。
そして今月でようやく仕事が終わります。
正直いってもうこんな生活は二度としたくないですね。
大学通い始めたら当然またバイトを始めますが、さすがに今のような生活にはならないと思います。
もし落ちてしまったら、六浪は絶対にしません。
落ちないように勉強します・・・。


早大(商)2000年度の過去問
■英語

解いてからすぐ思ったこと
・段落整序があって厄介
・省略語句の補充や代名詞の中身の文中抜き出しが特徴的
・多義語の判別、イディオムの言い換えも相変わらずある
・会話がやや難

答えあわせ後に思ったこと
・会話は状況判断と省略語句の補足がカギ
・内容一致では本文のイディオムを同意表現で言い換えた選択肢がある→同義語を確認しながら単語王をやること
・発音アクセントがなかった
・記述と言えば部分英訳と同意語句の発見と省略語句の補足と指示語の中身の指摘とわずかな内容説明だけで、2005年のような長めの記述はナイ


■国語
解いてからすぐ思ったこと
・現代文古文ともに選択肢に紛らわしいものが多く判断がつかない
古文
・現代文古文融合
・古文の問題はほとんどなく、現代文が中心
現代文
・紛らわしい選択肢が多く、また消去法もうまく使えなかった

答えあわせ後に思ったこと
古文
・紛らわしい選択肢がある設問があるが、「ここでは何を問われているのか」をはっきり認識すれば関連性の薄いダミー選択肢を消去できる(問い5)
現代文
・傍線部説明問題で、正面から説明している選択肢(正答)と、逆の視点から説明している選択肢(ダミー)がある
・本文の内容からいってそのダミーは間違っているとは言えないので消去法によって消すのに躊躇するが、正しいものと比較すると劣っているので答えとはならない
・よって、本文の内容との整合性を考えると同時に、その問いはどの視点から見ているのかを考える必要がある(問い6)


■政経

解いてからすぐ思ったこと
・2001~2003あたりよりは易しめ
・記述の割合が高めで短い論述もいくつかある
・国際機関、日本の選挙制度が他の年度でも頻出

答えあわせ後に思ったこと
・労働、社会保障分野にミスが集中した
・国際機関についての知識(国連の役割、PKOの派遣先なども)の強化を要する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。