英単語について

ここでは、「英単語について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学のパソコンを使う余裕のある日は、コメントへの返事と更新を行いたいと思います。
携帯から長文を打つのはかなり時間がかかるので・・・。


>こんばんわ。管理人さんにお聞きしたいのですが、英単語帳をかなり買っていますが、早稲田に行くにはやはりDUOとか必要なんでしょうか?
>私は単語王を使っています。

というコメントを下さったシャイなあの人さんへの回答をここに書きます。
なぜ新規の記事で返事をするかというと、他の受験生の目にとまりやすいからです。
必要以上のことを書きますので、いらない情報もあるかもしれませんが、ご理解ください。


英単語を語る上では当然「長文問題」をはずすことはできないと思います。なぜ英単語を覚えるかといえば、それは長文を読めるようになるためです。(もちろん英作文にも単語の知識を使えますが、それは二次的というか副次的産物であると考えます)

で、僕も色々な単語集を試してみました。受験生時代の過去記事(特に受験1年目のとき)を読んでいただければわかると思いますが、長文読解スピードが非常に、非常に遅く、ずっとネックとなっていました。考えた結果、読解速度を上げるためには
(1)単語力
(2)英文解釈力
(3)パラリーなどの読解テク
が必要なのだと判断し、この3本柱を中心に勉強を進めてきました。

単語力がつけば読解速度はあがります。
ただ、一番大事なのは単語の「覚え方」だと思います。
僕が重視していたのは「瞬発力」です。ある単語を見た瞬間に意味がわかる。
argueという単語を見た瞬間に「論争する」という意味が頭に浮かぶ。零コンマ何秒という速さで浮かんでくる。そのくらいでないと、早稲田の長文には太刀打ちできないと思います。
この点で、英単語をゴロで覚える方法、たとえば「こういえばああぎゅう(=argue)と論争する」のようなやり方は役に立たないといえます。いちいちゴロで思い出していたら時間がいくらあってもたりませんし、長文の内容に集中することができません。

よって、「単語を見た瞬間に意味が浮かんでくる」ような覚え方に適した単語集が良いと思います。といっても有名な単語集は基本的な部分の構成が似通っているので、それほど違いがあるとは思えませんが、「速読英単語」はあまり適していないのではないかと思います。(ただし、速単は別のことで役に立ちます。それについてはまた今度にでも・・・)

そのほかの有名どころは「ターゲット」や「システム英単語」や「DUO」そして「単語王」があります。極論すれば、「どれでも変わらない」と思います。掲載されている単語に差はあれど、それが早稲田合格を分けるかといえば、そんなことはないのではないかと思います。どの単語集も大事な単語は網羅してありますし。たとえば僕は単語王を使っていて、その中には今まで自分が読んできた英文に一度も載っていないような難しい単語が結構ありますが、それを覚えたからといって実際の試験で優位に立てるとはとても思えません。

しかし、これではアドバイスとしては具体性に欠けるのでさらに単語集を絞り込みます。ここからはかなり僕の独断的な考えが強くなるので、信憑性にかける部分もあるかと思いますがご理解ください。

まず「ターゲット」について。これは面白みがない単語集です(笑)。レイアウトはきちんとしているし、掲載している単語も問題ない。けど、他の単語集のような個性がありません。(もっとも、他の単語集ではその個性がマイナスとなることになりますが・・・)とにかく使っていてすぐ飽きる参考書でした。

つぎに「システム英単語」について。これの特徴はミニマルフレーズです。が、これは「この単語には別のこの単語がくっついたカタチで出るときが多い」ということを想定した上で作られていますが、もしそのカタチで出なかったときに果たして思い出せるのか、また思い出せても瞬間的に思い出すことができるのか、少し不安に思います。

つぎに「DUO」について。これの特徴はなんといっても、一つの例文の中に新しい単語をいくつか詰め込んである、という点です。が、これも僕の単語の覚え方(単語を見た瞬間に意味を思い出せること)に適していません。例文を例文として覚え、和訳を覚え、そこからそれぞれの単語を和訳に対応させて意味を思い出すようになると思いますが、これを別の英文において考えると、
DUOに載ってた英単語を長文の中に発見

DUOの例文を頭の中で再現

その和訳から、各単語の意味を思い出す
という順序になってしまいます。

もしこれが僕の単語の覚え方であれば、
英単語を長文の中で発見

瞬間的に意味を思い浮かべる
という感じになり、DUOにあるような真ん中のワンクッションがなくなることになり、ひいては読解速度上昇につながります。

そして最後に「単語王」について。
これを最後に持ってきた時点でお分かりかと思いますが、僕はコレを推します。結局は他の単語集との比較になってしまいますが、シス単の不安定なミニマルフレーズを採用しておらず、DUOのようにワンクッション必要な思い出し方を必要とせず、ただひたすら、「単語→意味」を極めるように作られています。その効果は「単語王フラッシュカード」を使えばさらに上昇する!といいたいところですが、買ってみたもののカードが分厚い&デカイので非常にかさばってしまい、ほとんど使わずじまいでした(笑)。普通の単語王でいいと思います。備え付けのカードで意味を隠せるようになってますので、それを使えば問題ないと思います。別のメリットとしては、他の単語集よりも多義語や類義語、対義語に詳しいという点もあります。下手に難しい単語を覚えるよりは、一つの単語の関連語を知っていたほうがはるかに役立ちます。

何度も言いますが、大事なのは「単語→意味」の瞬発力です。単語を見た瞬間に意味が思い出せるようにしてください。そのためには、単語集を何十周も繰り返してください。5回10回で全部覚えられるような人は、まあいるかもしれませんが・・・、ほとんど居ません。我々凡人はひたすら反復して身につけるしかないのです。僕は単語王を1年2ヶ月ほど使用して、おそらく50回以上は繰り返したと思います。一週目で覚えきろうなどとは思わないほうがいいです。必ず挫折します。とりあえずざっと5周くらいやって、各ユニット内の四分の一くらいはなんとなく覚えてきたかな~、くらいでいいのです。勉強と勉強の合間や、寝る前、電車やバスで通勤通学している人はその数十分を利用して、ざっと進めるのがいいと思います。細切れの時間も積もれば山となります。


もっと詳しいことは、現在作成中のサイトに書きますが、大事な部分は今日ここに書いたので参考にしてみてください。
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/05/29(月) 20:32 | | #[ 編集]
以前からずっと見させていただいています。
私もバイトしながら独学で勉強中です。
バイトと受験勉強を両立し合格されたマツさんを本当に尊敬しています。
これからも時々コメントさせていただきますのでよろしくおねがいします。
あと、よろしければ都合の良いときにでも相互リンクお願いいたします。
2006/05/29(月) 21:39 | URL | 杉 #tmSSLVCg[ 編集]
アドバイス有難うございます。非常に役に立つ考察でとてもありがたいです。

それとリンクしてもよろしいでしょうか?
2006/05/30(火) 19:31 | URL | シャイなあの人 #-[ 編集]
すいません、質問があります

わたしは早稲田の商学部志望なのですが、
他の学部と比較して入試問題のレベルは
どのくらいなのでしょうか?
私の偏差値は52で低いですが、今からでも間に合うでしょうか?
それから古文が苦手なのですが、早稲田に合格するためのお勧めの問題集はあるでしょうか?
くだらない質問ばかりですいませんが
よろしくお願いします。
2006/06/05(月) 16:37 | URL | 希望 #-[ 編集]
>受験生さん
9月入試は受けてないです。システムがよくわからなかったのと、小論文の勉強をする時間が取れそうになかったことと、そして英語がとんでもなく難しいという噂を聞いていたからです。
なのであまり大したことは言えないのですが、英語に相当の自信が無い限りは難しいのではないかと思います。
それと、小論文は独学での上達は厳しいだろうと感じていたので、僕は9月は視野に入れず最初から2月の一般入試を狙っていました。
あまり参考にならなくてすみません。


>杉さん
こんにちは、初めまして。
両立は本当にキツいと思いますが、くじけないでください。入試のその日がくるまで、敵は己自身です。
コメントやメールは大歓迎です。返信が遅くて大変申し訳ないですが・・・。
リンクもはっておきますね~。

>シャイなあの人さん
いえいえ、お役に立てればうれしいです。
リンクは無断でどんどんしてくださって構いません。
一言言っていただければこちらからも張りますので。


>希望さん
まず商学部の入試問題のレベルについて。
これは、個々人の相性の問題もあるかもしれませんが、政経・法・商・社学のなかでは一番まともというか解きやすい問題が多いのではないかと感じます。
これは、たとえ自分の「学力の上限」が他の受験生に比べて劣っていたとしても、ミスをせずに実力を出し切れば受かる可能性が高いと思います。

偏差値について。
高いに越したことは無いとは思いますが、低いからといって合格を諦めないでください。
偏差値は全てバランスで決まります。記述模試で高偏差値を狙うなら英作文を勉強する必要がありますが、本番で英作文を課されないのならやる意味は薄いです。
高偏差値は、「高偏差値をとるための勉強」をしている人に任せておけばいいと思います。
目標を商学部に絞ってあるなら、そのための勉強をしたほうがはるかに合格の可能性はあがります。
偏差値52なら基礎的な部分は押さえてあると思いますので、これからの勉強次第で合格は十分に可能だと思います。

古文については新記事に書きたいと思います。
2006/06/08(木) 15:56 | URL | マツ #Mi.oKbaU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。