注意事項

ここでは、「注意事項」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誤解を招くかもしれないので説明の補足をします。

具体的な参考書名を挙げて勉強方法を指南しておりますが、これは「この参考書じゃないと絶対にダメだ!」というわけではありません。

まず、今まで自分がしてきた受験勉強から、「このように勉強していればもっと早く学力があがったのではないか」「こうやって勉強していたら、2年かかったところも、もしかしたら1年で済んだのではないか」という受験勉強を総括した”考え”があり、その次に、その”考え”を実際の受験勉強に結びつけるために、具体的な参考書名をあげているのです。

これは次のようにも言うことができます。
その”考え”を体現できる参考書が自分の挙げたものの他にあれば、それを使用しても何の問題もない。
ということです。

「単語王」を推したのがその良い例です。まず「単語→意味」を早く思い出すのに適した単語集が良い、という考えがあり、それを体現できるのは「単語王」である、と言ったというわけです。他にも同じ目的に適した参考書があれば、それを使うことに何ら問題はありません。

同じように、「富田の100原則」を推したのは、それが「品詞分解を覚える」という目的に適していたからです。しかし、僕はこの世の中に出ているすべての参考書を知っているわけではないので、同様に品詞分解を覚えるのに適した参考書が他にあるかもしれません。その場合は、富田を使わずそちらを使うことに問題はありません。

大切なのは、自分が今何を学ぼうとしているのか、何を目的に勉強をしているのかをはっきりと認識することです。なぜ自分は英文を読めないのか、なぜ古文が読めないのか。この”なぜ”は非常に重要です。自分に足りないものを探そうとしなければ、上達しません。

英文が読めない、なぜなのか?

それは文の構造が理解できてないからだ。

それなら文法を勉強しよう、品詞分解できるようにしよう。

自分に足りないものを明らかにし、それを補う勉強をしなければダメです。闇雲に勉強しても学力はあがりません。しかし逆にいえば、「読めない」から「読める」ようになる道筋を無駄なく辿っていけば、自分が何をやればいいのかわからないまま勉強するよりははるかに早く上達します。

ここではそのような勉強方法を載せていくつもりです。


勉強を始めたばかりのころは、何から手をつければよいのか、何をどうしたら読めるようになるのかがサッパリわからないと思います。僕自身、手当たり次第に勉強してかなりの時間をムダにしてしまったと思っています。だからこそ、これから勉強する人にはムダな時間を過ごして欲しくないと思っています。
コメント
この記事へのコメント
管理人さんは何浪ですか?
2006/06/20(火) 16:31 | URL | 男 #-[ 編集]
トップにある「管理人について」
に書いてあるような。
2006/06/21(水) 18:14 | URL | レッドベリー #-[ 編集]
マツ様、はじめまして。学生が作る大学情報サイト「クロスカレッジ(http://www.daigaku.cc/)」を運営しておりますアージーと申します。
クロスカレッジは、在学生による大学情報サイトを目指しておりまして、その第一弾として在学生・受験生の方のブログへリンクをしている次第です。
そこでよろしければ、早稲田多浪受験BLOG様を早稲田大学のリンクに加えさせていただけないでしょうか?
http://www.daigaku.cc/東京都/早稲田大学/
掲載の可否はこのままコメントに返信してくだされば幸いです。
それでは失礼します。
2006/06/27(火) 03:41 | URL | 学生が作る大学情報サイト-クロスカレッジ #NkOZRVVI[ 編集]
すいません。
宜しければ、2年間で使った英語の参考書を
全てまとめて書いて欲しいです。
参考にしたいためです。
よろしくお願いします。
2006/06/30(金) 13:04 | URL | あ #-[ 編集]
>レッドベリーさん
代わりに答えてくださってありがとうございました。あのプロフィールもいい加減更新しないとだめですね・・・。(笑)

>クロスカレッジさん
このブログは、受験生でもなく、かといって在学生として大学の近況を発信しているわけでもなく、受験生時代のログをデータベースとして保管し、かつ時々勉強方法について語っているだけですので、そちらの趣旨にはそぐわないのではないかと思います。
もし今後在学生としてブログを立ち上げたときは、リンクをお願いいたします。

>あ さん
今までの参考書のレビューをしろということでしょうか?したいのは山々なのですが、今住んでいるところには受験参考書を持ってきていないので、少し時間がかかるかと思います。大学が夏休みに入ったら、英語に限らず全ての参考書について語りたいと思いますので、お待ちください~。
2006/06/30(金) 19:39 | URL | マツ #Mi.oKbaU[ 編集]
了解です。ご返信ありがとうございました。失礼します。
2006/07/04(火) 12:40 | URL | クロスカレッジ #NkOZRVVI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。