返信の続き2

ここでは、「返信の続き2」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>2006/08/16(水) 10:09:51 の方
管理者だけにしか見えない形での投稿なので、一応こう呼ばせて頂きます。
相談は「勉強していてもノートに書く作業がない。参考書をどう勉強すべきか?」という内容ですが、英語と国語に関しては、僕もノートに書いて覚えることはほとんどありませんでした。
最初こそ書いて書いて覚えようと奮闘していましたが、手は疲れるわ進むのは遅いわであまり良いことがなくて、結局「目」と「口」と「耳」を使って勉強するようにしました。
鉛筆を使うのは、参考書に何か気づいたことや間違いやすい部分を書き込むときや、あるいは問題集の場合は、答えをソレに書き込むと繰り返して使えなくなるので紙の切れ端に答えだけを書き込んだりするときだけでした。
ただし社会だけは、かなりノートに書き込んでいました。というのは、僕の場合は政経でしたが、政経は用語の暗記だけでなく「流れ」を理解するのが非常に重要で、「何が原因でその結果に至ったのか」をまず調べたり考えたりして理解したあと、それを忘れないようにノートに取っていました。



>ゆずさん
700選は実は結構役に立ちました。これの最大の利点は「長文を読むのが早くなる」ということにあります。少し前の記事で、僕は「単語はそれを見た瞬間に意味が浮かぶように覚えるべき」と書きましたが、700選はそれの短文バージョンといえます。つまり、この700選に出ている短文を見た瞬間にパパパっと意味が取れるようになれば、純粋な速読力がつくようになるということです。
具体的な使い方ですが、僕はまず品詞分解を書き込みました。これがS、これがV、これがC、これがO、と下線を引いたり丸をつけたり、それから形式主語が使われている場合はその中身まで矢印の線を引っ張ったり、などなど。一つ一つ丁寧にやればやるほど、その文が自分の脳に染み付いて記憶に定着しやすくなります。ただしかなり時間がかかるので、毎日ちょっとずつ地道に続けて下さい。復習も忘れずに。ちなみに僕は一日20個、一月半くらいで1周させました。700個すべて終わった後は、付属のCDで一日700個全てできます。耳で聴きながら、色々と書き込まれた700選を目で追い、口で読む、これをしばらく繰り返せば相当な力になっていると思います。
コメント
この記事へのコメント
アドバイスありがとうございます。
今のままでは早稲田キツイですが、絶対合格できるように頑張ります。
2006/08/24(木) 10:42 | URL | ゆず #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/28(月) 09:25 | | #[ 編集]
こんばんわ。マツさんは富田の100を薦めていますが、英文解釈用として私はビジュアル英文解釈を買ってしまいました。文法に関しては実況中継でなく英ナビを使用しています。

マツさんは少しだけ英ナビとビジュアルを使用していたみたいですが、使い勝手が悪かったのですか?
2006/08/29(火) 21:07 | URL | シャイなあの人 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/30(水) 23:15 | | #[ 編集]
アドバイスありがとうございます

質問なのですが1日平均何時間勉強しましたか?
長くてどのくらいやりましたか?
僕は7時間ですが少ないですか?
2006/09/04(月) 17:25 | URL | 希望 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。