コメント用記事

ここでは、「コメント用記事」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログに対するご意見ご感想などありましたら
左のメールフォームか、この記事へのコメントにてお伝えください。
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/25(土) 00:14 | | #[ 編集]
>2008/10/25(土) 00:14の方
学費、生活費ともに自分で払うとなるとアルバイトだけで工面するのはかなり難しいと思われます。

商学部ですと学費は半期ごとに約45万円必要になりますし、学期の最初には各講義に必要な教科書も買わなければなりません。地方から出てきて一人暮らしをするとなると、風呂トイレ付き木造アパートでも家賃4万くらいは必要になります。(早稲田に合格したときに送られてくる封筒に、学生寮の案内があります。これがかなり安いので寮で構わないというなら入ってもいいかと思います。ただし、合否発表直後の3月上旬で応募を締め切る上にかなり人気があるようなので、合格したときにはすぐに申し込んだほうがよいでしょう)

あとは奨学金に頼るほかはないです。幸い、早稲田は奨学金の数がかなり多いほうですし、日本学生支援機構の奨学金ですと1種と2種を併用すれば毎月最大で15万円借りることができます。(当然、卒業後の返済がキツくなるので覚悟が必要ですが)

参考までに
早稲田大学奨学課 http://www.waseda.jp/syogakukin/
田無学生寮(男女) http://www.waseda.jp/student/ryo/tanashi.html
東伏見学生寮(男子) http://www.waseda.jp/student/ryo/higashifushimi.html
千駄木学生寮(女子) http://www.waseda.jp/student/ryo/sendagi.html
和敬塾(男子) http://www.wakei.org/
ちなみに上の和敬塾は早稲田OBの村上春樹が入っていた学生寮です。「ノルウェイの森」にも出ています。
2008/10/25(土) 00:53 | URL | マツ #.1Yf4bn.[ 編集]
多浪の場合、友人関係(友人作り・サークル・ゼミなど)はうまくいくでしょうか?自分はこれから受験した場合は実質六浪となり、もし合格できたとしてもかなり不安です。マツさんの体験などをお聞かせいただければ嬉しいです。お願いします。
2008/10/28(火) 18:28 | URL | taka #-[ 編集]
>takaさん
一番重要なことを先に申し上げますと、「自分次第」です。というのは、現役入学生でも友人作りがうまくいかずに孤立している人もいるし、逆に多浪生でも上手く周りに溶け込んでいる人もいるからです。

大学という場所は小中高のような何年何組という固定されたクラスは存在せず、自分の居場所を自分で見つけなければなりません。そのためにはいくらかの積極性が不可欠であり、「誰かが誘ってくれるのを待とう」という受身な姿勢では、現役入学生だろうと多浪入学生だろうと居場所を見つけることはできないと思います。もし大学内で友人を作ろうと思ったら、入学後すぐに色んなサークルを見て回るべきかと思います。(早大生は「マイルストーン」という、サークルや授業の情報が詰まった雑誌を作って早稲田界隈の書店で販売しています。確か毎年3月後半に発売しているはずなので、合格した際はこれを買って入学式までに読んでおくといいかも知れません)

また、知っての通り早稲田は非常に大きな大学であり、早大生も異常なくらいたくさん居ます。僕は都内でいくつかの学生向けのアルバイト先を見つけましたが、どこにいっても早大生がいました。6年生も見かけました。なので、無理に学内だけで友人を作ろうとしなくても、学外で活動しているうちに早大生を見つけて友人になれる可能性が高いです。(なぜか学外だと多浪とかは気にならなくなる気がします。同じ大学というだけで十分に繋がりが感じられ、親近感がわくからかも知れません。)

そんなわけなので、今からあまり真剣に考えなくても大丈夫ではないかと思います。まずは合格めざして、頑張って下さい。
2008/10/30(木) 22:59 | URL | マツ #.1Yf4bn.[ 編集]
前コメントしたsedaです。あの長いのを読んでいただきありがとうございます。ブログが残ってくれてよかったです。
2008/11/01(土) 21:36 | URL | seda #-[ 編集]
>sedaさん
2003年の夏、僕は早稲田大学に行こうという、ほとんど無謀とも思える行動に出たのですが、そのときどうしても気にかかったのが「全然前例がない」ということでした。

多浪で、低学力の高校卒で、おまけに金がなくて働きながら独学で勉強して早稲田に行った人は、当時僕がネットなどを利用して調べた限りでは存在しませんでした。

先例がない、というのは非常に不安になるものです。誰もやったことがない、成功したことがないのだから、自分もいくら頑張っても無理なんじゃないだろうか、とどうしても思ってしまうものです。

だからこそ、こんなブログでも残しておけば、前例としてこれから受験する人を勇気付けられるんじゃないかと思ったわけです。それを再確認できたのはsedaさんのコメントのおかげでした。ありがとうございました。
2008/11/01(土) 23:46 | URL | マツ #.1Yf4bn.[ 編集]
自分は今日初めてこのブログ見た者なのですが、質問はここにコメントしていいのでしょうか?
2008/11/29(土) 11:13 | URL | 名無し #-[ 編集]
>名無しさん
こんにちは。
ここでも構いませんし、左のメールフォームから送っていただいても大丈夫です。
2008/11/29(土) 19:48 | URL | マツ #Mi.oKbaU[ 編集]
自分は今、宅浪してMARCHを狙っているんですが、成績はまだまだです。でも、早稲田に行きたいと最近思い始めて過去問を見たんですが、訳がわかりませんでした...しかも早稲田受験まで残り3ヶ月を切ってしまい、何をやったらいいのかわかりません。こんな自分に是非アドバイスをしていただきたいです。
今の自分としては
英語...文法がイマイチで、ネクステをやってます。長文は明治の英語をやってますが、半分ぐらいしか合いません。
国語...現代文は得意ですが、語句の意味(アイデンティティーなど)はイマイチです。古典は単語は大丈夫ですが、文法がイマイチで、古文常識・文学史はわかりません。主に板野式の参考書を使ってます。
政経...なんとなく分かるぐらいで、センター式の問題だと6割5分程度です。

他に英・国・政経はベネッセの通信教育をやってます。

こんな自分に是非アドバイスをお願いします。
2008/11/29(土) 20:49 | URL | 名無し #-[ 編集]
>名無しさん
英語・・・早稲田の英語はとにかく長文をどれだけ解けるかにかかっています。ネクステは僕も初期に使っていましたが、これをやりこんでも早稲田の長文を解けるようにはならないかと思います。文法は非常に大切ですが、文法知識を長文読解に生かせなければ合格は厳しいものとなります。よって、今後は文法の時間を減らして長文読解の練習をすべきです。例えば、500語程度の長文を一日一題解く、あるいは300語程度の長文を二題解く。このくらいはやり続けたいところです。早稲田の過去問を見てもわからなかった、ということですから、まずはセンター試験の過去問を買ってきて長文のところだけ解いてみるといいかも知れません。早稲田商学部・社会科学部に合格したいのでしたらセンター試験英語は最低でも180/200点くらいはとれないと厳しいです。それと単語や熟語も非常に大切です。語彙が足りなければ文章を読み解くことはできないからです。長々書きましたが、要するに文法も長文読解も単語熟語も全て大切だということです。「ネクステで文法だけ勉強する」「過去問で長文だけ勉強する」「単語帳で暗記だけする」といった勉強方では総合的な学力は上がりません。全てを毎日地道に積み重ねることが合格への近道となります。

国語・・・語句の意味を知るには河合塾の「言葉は力だ」という参考書がお勧めです。僕はこれである程度のキーワードを覚えてから、「教養としての大学受験国語」という新書を使い、現代文ギライを克服していきました。もちろんこれだけでは早稲田の現代文を読めるようになるとは思えないので、過去問を含め様々な参考書、問題集を解くことをお勧めします。古典文法ですが、僕は「富井の古典文法をはじめからていねいに」と河合塾の「ステップアップノート30」を最後のほうまで使っていました。これは何度も繰り返して覚えるしかありません。古文常識はマドンナなんかが有名ですが、何度も問題を解いているうちに常識が身につくと思うので特別には必要ないかもしれません。

政経・・・社会科の科目はやればやるほど伸びるはずなので、とにかく勉強するしかないです。センター試験政経のレベルですと90~100点は取りたいところです。
2008/11/30(日) 02:41 | URL | マツ #Mi.oKbaU[ 編集]
英語では長文をたくさんやろうと思います。ネクステは文法の他にもイディオムもやっているんですが、ネクステを全部網羅したからといって早稲田レベルには対応できないのでしょうか?
国語で言い忘れたのですが、漢文をやっていません...なので板野式をやってみようかと思ってます。
政経はかなりマニアックな問題があったと思いますし、時事問題もやらないといけないのですが、いい参考書は何かありますか?

あと、自分は商、社学部を考えているんですが、早稲田のコツとかクセってどんなものですか?

質問ばかりですみません。
2008/11/30(日) 04:02 | URL | 名無し #-[ 編集]
ネクステをきっちり覚えられれば早稲田の「文法問題」は解けるかもしれません。しかし、「長文問題」も解けるようになるかというと、そうではないので注意が必要です。単語・熟語、文法・語法、長文読解・解釈などをバランスよく勉強することが大切です。

漢文は、句形を暗記することが最も重要です。はっきり言って漢文には勉強時間を長く回している余裕はないので、さっさと句形を暗記してしまい、演習問題を解いて記憶に定着させるのが効率的です。僕は「田中雄二の漢文早覚え速答法」で句形を暗記し、河合塾の「漢文句形ドリルと演習ステップアップノート10」で演習していました。これ以外はやってない気がします。

政経ですが、マニアックな問題や時事問題の前に、基礎的な知識は十分なのでしょうか。上のほうには「なんとなくわかるぐらい」と書かれていますし、まずは基礎をきっちり抑えるべきではないかと思います。「早稲田の社会科目はマニアックな問題が多い」というイメージをもたれることが多いのですが、この「マニアックな問題」が合否を左右するとはとても思えません。数少ないマニアック問題のためだけに教授や専門家しかしらないようなことまで覚えていてはキリがありません。そんなことに時間を費やすよりは、基礎知識を2回3回と繰り返し確認しているほうがよっぽど有用です。ので、まずは「 センター試験 政治・経済の点数が面白いほどとれる本」といったセンターレベルの知識を確実なものにしてから、「政経問題集」などの応用レベルの参考書に移っていくべきかと思います。政経問題集には時事問題も載っているので好都合です。

早稲田のクセやコツについてですが、
http://wasedatarou.blog12.fc2.com/blog-entry-487.html
http://wasedatarou.blog12.fc2.com/blog-entry-491.html
が多少の参考になるのではないかと思います。
2008/12/01(月) 01:24 | URL | マツ #Mi.oKbaU[ 編集]
わかりました!
学部対策のブログを参考にさせて頂きます!
アドバイスありがとうございました。
2008/12/01(月) 06:48 | URL | 名無し #-[ 編集]
こんにちは、早稲田商学部を目指して仮面浪人をしている者です。マツさんは早稲田の過去問をどのくらいの年数を解きましたか? 特に商学部を
2008/12/11(木) 22:05 | URL | radio #-[ 編集]
>radioさん
こんにちは。
商学部の過去問は90年代前半~最新年度まで解きました。書店で売られている新品の赤本は過去5年程度しか掲載されていませんので、古本屋やネットオークションを利用して掲載年度の古い赤本・青本を入手し何度も解きなおしました。

その他の学部も同様です。それどころか受験予定のなかった一文・二文や教育学部の過去問も買ってきて解いていました。

昔から出題傾向が変わらなかったり、ある年を境に劇的に変わっていたり、また学部が異なっても似通った出題傾向だったり、何かと発見があってなかなか楽しかったのを思い出します。
2008/12/12(金) 20:38 | URL | マツ #mQop/nM.[ 編集]
そうですか。ありがとうございました。また、マツさんはこの時期、商学部の英語はどのくらいとれてましたか?最終的には80%くらいまで到達出来ればと思うのですが、いまはまだ、65%くらいなので苦しんでます。ところで、過去問の年度は古くても90年代までさかのぼればいいでしょうか?
2008/12/12(金) 21:41 | URL | radio #-[ 編集]
この時期に過去問をやっていて英語8割取れた年度はほとんどなかった気がします。平均で7割~7割半くらいだったと思います。

何割得点できたか、というのはもちろん気になると思いますが、過去問をやっていて重要となるのはやはり出題傾向の見極めとその対策です。

最近の商学部はわかりませんが、少なくとも僕が合格した年は長文内における下線部の言い換え問題やTF(真偽)問題が多く、そうした出題への対策は過去問を通して身につけてきました。

出題傾向とその対策に焦点を絞るのでしたら、過去5年間の過去問を研究するだけでいいと思います。

僕がわざわざ90年代まで遡っていたのは、純粋に英語の長文問題を解きたかったからです。早稲田レベルの市販の英語長文問題はあらかたやり尽していたので、そうなればもっと昔の過去問に頼るしかない、と思い古い赤本や他学部の過去問に手を出したのです。

よって、他に解くべき長文の参考書や問題集をお持ちなのでしたら、わざわざ90年代の過去問までやる必要はないかと思います。
2008/12/13(土) 01:18 | URL | マツ #.1Yf4bn.[ 編集]
丁寧なアドバイスをありがとうございました。社学も受けるので、社学の過去問もやり始めているのですが、英語で、短い会話文の問題がどうしても正答率が低いです。やはり、対策としては、過去問を何度もやって慣れることでしょうか?
2008/12/14(日) 22:55 | URL | radio #-[ 編集]
正直なところ、会話文の対策はあまりやっていなかったので大したアドバイスはできませんが、一応書いてみます。

1.語彙を強化する。会話文問題の選択肢には多くの場合熟語が使われており、ニュアンスまで含めて一つ一つの選択肢を精査しなければ正解にたどり着けないため。

2.会話の流れの理解に努める。誰が何を問うているのか、場面はどんな状況なのか、カッコの前後で何が変化しているのか、などをきちんと把握しないと紛らわしい選択肢に惑わされます。


社会科学部の会話問題では選択肢に紛らわしいものが含まれていることが多く、明らかに間違っている選択肢を消去していっても似たものが残ってしまいがちです。それでもその似ている選択肢の違いを嗅ぎ分け、会話の流れにふさわしい正解を選び取るためには、上記の2点を特に考慮して勉強することが必要なのではないかと思います。
2008/12/15(月) 19:29 | URL | マツ #.1Yf4bn.[ 編集]
丁寧なアドバイスをありがとうございました。やはり、会話問題は過去問を何回もやりコツをつかみたいと思います。また、何か疑問等があったら、書き込ましてもらいます。そのときは、お願いします。
2008/12/17(水) 10:21 | URL | radio #-[ 編集]
こんにちは。
現在二浪のものです。
自分は高3(非進学校、商業高校とあまり変わらないレベル)のときから中学の内容から早稲田を目指しました。
高3のときは灘高校→東大理3卒で有名な方の通信教育をしていました。
選択は世界史で、ナビゲーター(許可書を詳しくて4冊に分冊したもの)を3週間で完璧に覚えるという過酷なものでした。
そんな内容だから全くこなせずに
センター本番は英語100点、世界史は40点くらいでした。
ですが、無知な自分はその年に早稲田と明治をうけました。
結果はいうまでもなく・・・。

そうして一浪が決まり某大手予備校に通いました。
秋まで毎日自習室に通って勉強しましたが偏差値が伸びません。
河合の第二回記述模試での偏差値は
英語48、国27、世45でした。
この成績をとったときに今までの勉強法は間違っているのでは?と思い、本屋で必死になって勉強法などを探しました。
すると、予備校は出来る人を安く通わせて、出来ない人からお金を取る仕組みであって私は見事お客様になっていました。
そのとき絶対に早慶マーチにしか興味なかった自分は大学受験を諦めて来年(今年)の受験を目指して基礎から固めることにしました。

(続きます)
2008/12/23(火) 23:29 | URL | 現在二浪 #ncVW9ZjY[ 編集]
そして今年たまたま塾をしている方がネット上で勉強法を公開されていました。
こちらがその過去のまとめサイトです。
http://keio.database7.com/400/post_127.html

この勉強法を信じて今年一年(3月から)やることにしました。
科目も政経に変えました。
4月から
英語は、フォレスト、ネクステ、DUO、合格英単語600、合格英熟語300、演習英熟語600、速読トレ1,2、ハイパートレ1、2、3
解釈マニュアル、合格英文、英文熟考上をそれぞれ10周はしました。

国語は
出口の日本語トレ12(小学生がやるようなもの)現代文アプローチ、読むだけ小論、河合キーワード、はじめからわかる現代文、決めるセンター現代文、センター試験のツボ

ゴロゴ古文単語、古文上達基礎をしました。それぞれ3周はしました。

政経は
畠山講義・問題集・スピードマスターをしました。

8月の早大プレの偏差値は英国どちらも55世界史は40くらいでした。
ですが、10月のマーク模試は英語90点、国語(現古)50点、政経40点でした。
偏差値に換算すると英語45で国政は35です・・。

センター英語は量が速く読めないので時間が全く足りませんでした。
(早大プレは一応平均以上とったのだから基礎が全くできてないとは思いたくない・・・英国に関してはまぐれではないと思います)
国語は同じところを何回もぐるぐる回って時間も足りないしよく意味がわかりません。

こんな状態なので早稲田もマーチも諦めて日本大レベルを10月から目指しました。
英語は合格点に達しているのですが
政経がついてきません。
今スピードマスターと畠山問題集をやっています。
だいたい覚えました。
ですがセンターのような細かい知識を試すようなものには歯がたちません。
言葉も難しく覚えずらいです。
このような状況なので志望校はだんだんと下がっていき、
現在河合偏差値35~42までの大学を受験することになりました。
去年からA判定出ているレベルですが、
政経が得意分野がたくさんでればやっと合格点をこすくらいしかとれません。
もうバカで有名な大学もうけるんですがそこも受かる気がしません。

どうしても3浪になったときのことを考えてしまいます。
ですがもう一浪してもこれだけやって伸びないんのだからもう伸びる気がしません。
国語は全ての科目の基礎だとよくいわれてますがその国語が格段に低いです。
元の頭が悪いので3浪したら偏差値40くらいの大学を目指そうと思っています。
やはりこんな自分ではマーチにもいくことができないと思いますか?
ここまで来ると病気レベルなんでしょうか?
2008/12/23(火) 23:55 | URL | 現在二浪 #ncVW9ZjY[ 編集]
付け加えです。
早大プレは社学型です。
だから現代文がセンターより簡単で
とれました。
本当に親に申しわけないです。
何かアドバイスがありましたら
お願いします。
どうしようもないな、と思ったら
無視されてください。
2008/12/24(水) 00:14 | URL | 現在二浪 #ncVW9ZjY[ 編集]
英語の核にする一冊として、河合塾のパラグラフリーディングのストラテと横山のロジカルリーディング、中澤さんの徹底長文、OSPのどちらがよいですか?早稲田の教育、商、人科を受けます。偏差値は、河合塾記述で61~70です。一気に仕上げる自信があります。それと、国語がボロボロでアクセスをやっているんですが、古典も間に合わせようと思うんですが、ステアと単語200語はやりました。プランをください。また、政経は模試は基本ばかりで、偏差値が高く出る(65)気がします。過去問だと53%とかです。最後にOSPを使ってる方は、多いんでしょうか?
2008/12/26(金) 03:58 | URL | うる #-[ 編集]
何度もすいません。古典単語は、河合塾のコゴタロウ300をやっていました。因みに、著者さんは、 http://d.hatena.ne.jp/matsu_linklist/mobile?guid=on&date=20080904 のサイトの方とは違う方ですか?
2008/12/26(金) 22:09 | URL | うる #-[ 編集]
>現在二浪さん

様々な勉強法を試し、苦労されているようですね、、、
ここでは具体的な勉強方法ではなく、僕なりの「勉強論」のようなものを語ってみたいと思います。その中から一つでも参考になるものがあれば幸いです。

まず確認しておきたいことは、「勉強方法というものに絶対と呼べるものはない」ということです。100人のアドバイザーがいれば、100通りのアドバイスがあるはずです。「このやり方を信じればきっと大丈夫」とは思わないほうがいいと、僕は考えています。僕も受験生時代、ネットや書籍で様々な勉強方法を探し、試してきました。一部だけ自分にあった勉強方法もあれば、最初から最後までまったく自分に合わない勉強方法もありました。しかし、最初から最後まですべて自分に合っている、という勉強方法には出会ったことがありません。人には能力からやる気から集中力にいたるまで差があります。全員に通用するような勉強方法というのは間違いなく存在しないはずなのです。

つまり何が言いたいかというと、「自分に合わないと感じた部分には無理に合わせない方が良い」ということです。おそらく、現在二浪さんは最初の理三卒の人や、予備校や、慶応合格ブログの勉強法を忠実に守りすぎて勉強されてきたのかも知れません。しかし、前述しました通り、自分に合わないやり方をやり続けても効果は薄いかと思われます。教えを忠実に守るよりは、自ら考え、能動的に模索することが大切だと僕は考えます。

ではどうすればいいのか、と疑問に思われたかも知れません。しかし答えは単純です。受験勉強において最も重要なこと、それは「自分を限界まで客観視すること」です。僕は早稲田に合格するまでの受験生活を独学で乗り切ったのですが、その中で一番重要だったのは「自分自分の分析」であったと、今改めて思うのです。

進学校・塾・予備校・家庭教師などを利用されている方は、そこの教師や講師が生徒の分析を行い、的確なアドバイスをしてくれるのかも知れません。しかし独学の場合は、当然ですがそのようなことをやってくれる人はいません。自分で、自分を客観的に分析し、自分に足りない部分を見つけ出し、弱点を補う勉強方法を打ち立てなければならないのです。はっきり言って、これは容易なことではないです。自分自身を分析するというのは、自分が思っている以上に難しいことなのです。

「この参考書で勉強しよう」と思ったときに、そもそもなぜその参考書を選んだのか、はっきりと答えられるようになることが大切です。なぜなら、それを答えられるということは、自分自身の分析が出来ている証になるからです。
「英語の長文が解けない」→「じゃあ長文の問題集買ってきて解こう」
ではなく、
「英語の長文が解けない」→「なぜ解けなかったのか?」→「単語・熟語の意味がわからないものが多かったから」「構文が取れなくて意味がわからなかったから」「選択肢の選び方がわからなかったから」「読むのがゆっくりすぎて時間が間に合わなかったから」というように、とことん自分を客観的に見つめ、問題点を洗い出して細分化し、それぞれに対策を打ち立てることが、効率的かつ効果的な勉強法であると思っています。
この場合ならば、「単語・熟語の意味がわからないものが多かったから」→「解決策:単語帳・熟語帳を毎日暗記して語彙の増強を図る」、「構文が取れなくて意味がわからなかったから」→「解決策:富田の100の原則や透視図などの参考書を使用し構文を取れるようにする」、「選択肢の選び方がわからなかったから」→「解決策:
三浦・戸澤の英語長文解法といった選択肢解法テクの参考書を使用する」、「読むのがゆっくりすぎて時間が間に合わなかったから」→「解決策:パラグラフリーディング系の参考書を使用し速読に努める」といった対策を打ち立てることができます。

今からでも決して遅くはないので、すぐにでも自分の分析を行って弱点を探し出し、対策を練るべきかと考えます。闇雲に誰かの勉強方法を真似するよりは、きっと効果があがるはずです。頑張って下さい。
2008/12/28(日) 06:16 | URL | マツ #mQop/nM.[ 編集]
>うるさん

英語は速読系の参考書をお探しでしょうか。一応、僕は河合塾のパラリーと横山のロジリー、中澤の徹底長文(OSPはやってません)をやりましたが、中澤の徹底長文は前2つと少し毛色が違ったような記憶があります。パラリーとロジリーは大体同じような内容の参考書でしたが、徹底長文は速読というよりは解説の詳しい(そして異様に難しい)長文問題の問題集でした。
速読力をつけるのでしたら前者2つのどちらかがいいと思います。どちらを選ぶかは、好み次第といえるかも知れません。僕個人の意見を申し上げますと、「パラリー=普遍的な内容」「ロジリー=著者の主観が混じった内容」となります。
「普遍的な内容」とはその通り普遍的な内容で、参考書内に特に疑問に感じるような教え方はありませんでした。しかしそのせいで、内容が薄く感じたのも事実です。
「著者の主観が混じった内容」とは、これは著者がそう思ってるだけで、他の人はそういう読み方をしないんじゃないかな、と思える記述がいくつか見受けられたことを指しています。ただし、上記のパラリーで物足りなかった人で、この著者の読み方に共感できる人には合うと思います。
いわゆるパラリー・ロジリーと呼ばれる速読系の参考書には、著者の考え方が色濃く反映されているものが多い気がします。その点を留意して、参考書を決めたほうがいいと思います。

現代文は、試験頻出のキーワードとその解説を載せた参考書(例えば河合塾の「言葉は力だ」)を辞書代わりにしながら、同じく河合塾の「アクセス」や「現代文と格闘する」を解くと力が付きます。
が、これもどれだけの場数を踏んだかが大切なので、これらに限らず毎日、過去問や問題集の現代文を解くべきかと思います。

古文は、文法と単語が大切です。ステップアップノートと単語帳をすでに終えているようですので、あとは過去門や問題集をこなし、自分に何が足りないかを探し出し、補強に努めれば良いのではないかと思います。
時間があるのでしたら百人一首を覚えたり(たまに早稲田の入試に出る)、有名な和歌を覚えるのも良いです。

政経は、日本史・世界史に比べ模試を受ける人数が少なく、またその受験者のレベルが低い(センターでしか政経を必要としない人がたくさん受けているから)ので、政経で早稲田を受けようとしている人は偏差値が飛びぬけて高く出てしまいます。
僕は70~80くらいだったと思いますが、試験本番では合格者の平均点程度だったのではないかと思います。

OSPを使っている人数は、残念ながら僕にはわかりません。結構なお値段なので僕は遠慮しておきました。

それと、そのhatenaを書いている方と僕は別人ですね。偶然にも名前は一緒のようですが・・・。ぱっと見た感じ、よく整理されているので僕のブログより読む価値があるかもしれません(笑)
2008/12/28(日) 07:12 | URL | マツ #mQop/nM.[ 編集]
アドバイスありがとうございました。待ちわびていました。質問ばかりですいませんが、速読ももちろんそうなのですが、問題が解けるようになるという観点からだと、パラグラフリーディングのストラテジーとロジカルリーディングはどちらが優れていると言えますか?それと、やはり国語に時間がかかりそうなので、マツさんが実際にやった感じでは、時間的に多くかかってしまうのはどちらですかね?因みに(効率がいい、実際の)使い方なんかも教えてくださると嬉しいです。
2008/12/28(日) 09:42 | URL | うる #-[ 編集]
返事ありがとうございます。
たしかに自分は忠実すぎたのかもしれません。
実際にこれで結果を残している人がいるのだから、これでできないなんて単なる言い訳だ、自分に合わないじゃなくてその参考書がこなせないからただ逃げているだけじゃないか、この人いうとおりにしていたらとりあえず大丈夫だろう、など色んな理由が重なりその計画には忠実でした。
マツさんのその主体的な行動は見習わなければなりませんね。
自分なりになぜ自分が現代文できないか考えてみたら、そもそも日本語が読めていない、河合記述レベルになると同じ文章を3回くらい読んで
やっとなんとなくわかるレベルです。
その上で読解をするなんて時間がいくらあっても足りませんでした。
80分現代文一題に丸々使っても
間違ってたり、時間たりなかったです。
現代文がこういう状況なので英語の長文を解くときにでも支障がでます。
設問の正誤問題などは選択肢ごとに本文で確認します。
こんなことをしているのでセンターは時間たりないんだと思います。
自分で勉強できないのはなぜか考えたてもどうしても、
現代文ができない=元の頭の能力、という結論になってしまいます。
二浪もしたのに、あの大学いくくらいなら就職したほうがマシといわれるくらいの大学をうけなければならない(A判定は去年から出ていますが受かるかもわからない)は本当に悔しいです。
大学に一度も受かったことないので
この大学にさえ受かる気がしませんが・・・。
二浪してこれではこれからの人生なにやっても成功する自信がありません。
だからその大学はいったあとは
仮面して中堅大目指すか、編入で早稲田やマーチを目指そうと思っています。
でも編入も難しいですし、こんな状況だともう無理かもしれませんね。
早稲田をうけたとき、警察が門の前で交通整備をするほど多くの人が集まっていたのを覚えています。
早稲田に通われているマツさんが本当にうらやましいです。
2008/12/28(日) 23:46 | URL | 現在二浪 #ncVW9ZjY[ 編集]
マツさん
今の大学生活はどんな状態でしょうか?来年から就活になりますが、どのように行われるか教えてください。大学生活ブログなどなされていますか?大学行った後のブログを見たいのでもしやっておられるのなら教えてください。
2008/12/29(月) 10:32 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
何か質問続きの所に更に質問重ねるのも気が引けるのですが・・・。
二点だけ、
・古文の文学史の対策はどんな本でしましたか?
・合格直後に「諸事情で通えなくなった」と書いている時期があったように思うのですが
あれはひょっとして入学ローンの申請を落とされたからですか?
もしそうならその後どう解決したのか、できればメールででも教えていただければ幸いです。
自分も利用しようと思っている制度なので・・・。
2008/12/29(月) 21:25 | URL | cube #-[ 編集]
>うるさん

なかなか難しいご質問ですが・・・、横山のロジカルリーディングは、「英語の本文」+「設問」を最初に提示し、横山流の読み方でいかにして早く正確に解くか、を教示している本だったと思います。具体的な読み方、解き方を教えているので、きっちりと覚えることができれば問題を解けるようになると思います。河合塾のパラグラフリーディングのほうは、そこまで具体的に問題を解いたりはしていなかった気がします。

使い方ですが、これらの本で読み方を覚えながら、長文問題で実践演習を行うことです。理屈だけ覚えても、実践演習を積まなければ使い物にならないはずですから・・・。そして1冊覚えきったら、あとはひたすら長文を読んで読んで自然にパラリー・ロジリーを出来るようになれば、正答率も速さも上がってくることでしょう。


>現在二浪さん

僕の2004年10月の日記(模試結果)を見ていただけるとわかると思いますが、僕の現代文の読解力は本当に酷いものでした。読んでも読んでも何を言っているのか、何が書かれているのか、設問を読んでも何を問われているのか、何もかもが理解できない状態でした。結局読解力をなかなか上げることができず、その年度は不合格となってしまったのですが、必死に努力して次の年には合格しました。

元の頭が悪いと言うのでしたら、間違いなく僕が当てはまります。ですが、これも努力次第で乗り越えられる壁だと思っています。もちろん、元の頭がいい人は同じプロセスでどんどん先へ進んでいってしまうでしょう。しかし、世の中の大部分の人間はそんな風にできていないはずです。東大を始めとする超難関の国立大や医学部には、そういう人でなければなかなか合格できないかも知れません。しかし早稲田大学は、決してそうではありません。これは別に早稲田の名を貶めているわけではなく、この大学には勉強に関しては実に普通の人が多いと感じるのです。

早稲田を雲の上の存在とは考えずに、努力を継続すれば必ず手の届く場所であると考えて欲しいと思います。そう思えばこそ、努力し続けることができるはずですから・・・。


>通りすがりさん

大変申し訳ないのですが、とある事情からあまり大学生活について語ることはし難いのです。ここではあくまでも受験について語り、大学生活については別の方に相談をお願いしたいと思います。大学生活ブログも作ってないので、ご期待にこたえられず済みません・・・。
2008/12/29(月) 22:42 | URL | マツ #-[ 編集]
>cubeさん

古文の文学史の対策・・・古文文学史の本を買って覚える、というのはやっていなかったと思います。古文の問題を解いたときに作品名と作者をついでに覚えるようにしていました。


「諸事情で通えなくなった」件・・・ローンの審査に落ちたからではないですね、、、もっと個人的というか家庭の理由からです。
2008/12/29(月) 23:53 | URL | マツ #mQop/nM.[ 編集]
この年末のお忙しい中のご回答に誠に感謝申し上げします。また質問になってしまうのですが、マツさんは、パラグラフリーディングのストラテジー私立大対策編もおやりになりましたか?(そちらに解き方が詳しくあるのではないですかね?)それと、時間的な問題として、大体でいいので、パラグラフリーディングのストラテジーとロジカルリーディングの習得に要する時間が短い(かった)方を知りたいです。何とかお願いします。
2008/12/30(火) 02:35 | URL | うる #-[ 編集]
>パラグラフリーディングのストラテジー私立大対策編

これはやってないですね。僕が受験生のときにはまだ出版されていなかったのかもしれません。もっとも、最初の一冊をやりながら自分で長文問題を探してきて演習していたので、対策は無理やり自分で考えていたことになります。

時間のことですが、正直なところ、横山のロジカルリーディングは肌に合わず最後までやらずにパラグラフリーディングに移行してしまったので、どちらが早く終わるかというのは分かりかねます。おそらくパラグラフリーディングのほうが早く終わるとは思いますが・・・。
2008/12/30(火) 15:47 | URL | マツ #mQop/nM.[ 編集]
返事ありがとうございます。
自分からしたら河合の記述で
偏差値40もあることがすごいです・・・。
真面目に解いて偏差値27はヤバイですよね。
努力で乗り越えられる壁ですか・・。
自分の場合、現代文に関しては小学生の内容から塾を経営してる方の指導でやり直しました。
現代文の参考書は今年合計8冊やりました。どれも3周以上しましたが
センター模試は偏差値35です。
これだけやってもこの偏差値なら
努力だとはどうしても覚えないです。
2009/01/05(月) 01:56 | URL | 現在二浪 #-[ 編集]
マツさん はじめまして。
いつも、元気づけられています。
ありがとうございます。
このブログの存在価値は大きいです。
余計なこととは思ったのですが、
自分の経験が参考になればと思い
書き込んでしまいました。

現在二浪 さん
もうすぐセンターですね。
今年のセンターに間に合うかは
非常に微妙ですが、
私大までには役立つかもと思い
現代文についてお話します。

私は、社会人で一般入試での
大学受験を目指して勉強中です。
なので、時間もあまりとれず
しかも年齢もそれなりにいってます。
すっかり忘れてしまったので、
ほぼ最初から状態みたいなものです。
自分で自分のことを諦めないでください。

現代文、特に評論、私も苦労しました。
何冊も問題集を解き、
何故間違えたのか分析をし...
が、解説を読んでも、意味不明、
納得できない、当然一向に伸びず、地頭の問題かと諦めかけたのですが、
『565現代文パターン集』板野博行で
もはやセンター評論は敵なしです。
私大過去問でも充分通用しています。
本文・設問を読むときの注意点がずれていたのです。

この本をざっと読み、
本文へのマークの仕方を見ながら
問題集にマークをしつつ
読んで行きます。
このとき、最初は、板野氏の問題集でやるとパターン集との解説が統一されているので、やり易いと思います。
慣れてきたら、手持ちの問題でもOKです。

諦めたらその瞬間終わりです。
自分が何をしたいから
大学へ行くのか、
(有名大学へ行ってモテタイとか何でも良いですから)
もう一度考えて
3浪するなり、今年の合格を目指すなりして欲しいと思います。

受験勉強は、飽きず諦めず
繰り返し、繰り返し、繰り返しに尽きると思います。
長くなりましたが
体調に気をつけて頑張りましょう!
2009/01/15(木) 18:23 | URL | とおりすがりのもの #nq.LbYiA[ 編集]
通りすがりさんありがとうございます。

ゴロゴをする前はセンター評論は
何分くらいかけて何点くらいとれてたんですか?

自分もはじめからわかる現代文というのをやったらその問題集では35点を切らなくなったので
現代文が3日で伸びたって喜んでましたが、センター模試でその自信が崩されてしましました。
ゴロゴのパターン集ですか。
今度見てみます。
ありがとうございます。
2009/01/17(土) 14:06 | URL | 現在二浪 #-[ 編集]
こんばんは。
センターお疲れ様でした。
河合の解答速報の自己採点、
現代文:評論42でした。

さて、before afterみたいですが、
565以前の評論は
もう、恥ずかしい位ですよ(-_-;
模試は河合しか受けていないので
参考になるかどうかわかりませんが、
一応、晒しておきます。
マークの得点
565前:12~26
〃後:30~50
時間は、25分以上かかっていました。
12点て、漢字位しかできていなかったということです。

記述も偏差値48~66になりました。
2択まで絞って、迷って誤答、
記述は、関係ないところを抜き出して0点ばかり。

受験勉強って、単純なことの繰り返しのような気がします。
どこまで、いつまで飽きずに繰り返せるか。
単語帳、構文集1冊丸暗記とか、
過去問やって、パターンと時間配分を体に浸みこませられるかとか...
考えるというより、条件反射みたいな部分。
スポーツ選手が考えるより先に身体が動くというようなレベルまで
もっていくことができれば
あとは、量になるのかなと思っていますが、
自分もまだ結果を出していないので正しいかどうかはわかりません。
参考にできればしてください。

あと、自分を見捨てちゃダメですよ。
もっと、努力している自分を認めて褒めましょう。
私の国語の点数見て安心したでしょ。
人生って、やり直しができます。
命を奪うとか失うという以外なら。
失敗したら、それを糧にして
次へ進めます。
失敗は悪い事じゃないし、
愚かなことでもないですよ。
私大入試まで、まだ時間が
ありますから、諦めずに行きましょう。


2009/01/18(日) 00:10 | URL | とおりすがりのもの #bwSs.LaU[ 編集]
マツさん
人様のブログで勝手に書き散らし
申し訳ございませんでした。
現在二浪さんが、
あまり辛そうだったので、
以前の自分と重なり
何がしか参考になればと思い
書き込んでしまいました。
お許しくださいませ。

一昨年9月から本格的に受験をしようと思い
ネットで予備校を使わない
勉強方法を探していたときに
マツさんのブログを知りました。
私は早稲田志望ではありませんが
勉強の仕方等大変参考にさせていただいております。
ありがとうございます。
仕事をしながらなので、
なかなかまとまった時間がとれないことが辛いですが、
なんとか今年で決めたいものです。

マツさんもお体に気をつけて
楽しく、また充実した
学生生活をお送りください。
2009/01/18(日) 02:03 | URL | とおりすがりのもの #bwSs.LaU[ 編集]
通りすがりさんありがとうございます。
今年のセンター国語(特に評論)は難化したらしいのに42点はすごいですね。

ゴロゴ見てみます。もう今年ダメならこれ以上やっても伸びる自身がないので就職するかもしれませんが。
自分が能力ないのが悪いので仕方ないですね。

ちなみにゴロゴをする前はどんな参考書をやられていたんですか?
記述で偏差値46もとれていたなら
すごい頭いいですね。
2009/01/18(日) 09:21 | URL | 現在二浪 #-[ 編集]
使用参考書
・河合現代文アクセス基本、応用
・駿台現代文読解力の開発講座
・駿台現代文ターゲット別問題集センターレベル
・Z会現代文のトレーニング入門
いずれも2周しました。

自信喪失されるお気持ちは良くわかります。
辛いと思います。
ただ、能力がないと決めつけたり、
自分が悪いとは思わない方が良いですよ。
前の方のレスに、かなり自分を追い込んで勉強を続けていらした様子が見られますね。
逃げてはいけない、と奮い立たせて頑張れる人なんだと思います。
能力がないのではなく、
やり方や方向性が違っているということはないでしょうか。
間違ったやり方で頑張れば頑張るほど、目標から外れて行くということはありますよね。
軌道修正できる柔軟さと
切り捨てできる決断力も必要な時が
あると思います。

最後にもう1つ。
私は決して頭は良くありません。
むしろ、その反対です。
そして楽な方へ流れて行きがちな
意志の弱いところもあります。
ただそれで、自分を諦めることを止めました。
欠点を自覚し、そういう自分でもできることを考えて試行錯誤することにしました。


2009/01/18(日) 11:45 | URL | とおりすがりのもの #bwSs.LaU[ 編集]
ありがとうございます。
そんなにやられたのに伸びなかったんですか。
どれも有名な参考書ですね。
これだけやったら能力がないってさすがに自覚します・・・。
方向性は間違っていなかったと思います。
今年やった方法これでダメならもう何やってもダメだと思えるくらいの勉強法だったのでした。
かなりできない人向けの勉強法だったので。
普通なら偏差値27という数字とりませんからね。
通りすがりさんのコメントありがたいですが
もう自分の能力を認めるしかないです。
2009/01/18(日) 13:29 | URL | 現在二浪 #-[ 編集]
今日半日かけて、このブログを見させていただきました。
感動の一言につきます。

自分は都内某クズ高校の高3です。
一年間早稲田政治経済学部目指して勉強してきました。が、過去問演習しても、センター受けても安定して合格点行く科目は世界史しかない。

一年間なにをやってきたんだ・・・?と、思わず自問してしまった。

「試験まだなのに、あきらめてんじゃねぇよ」と周りに言われる、が、まったくこころにひびかない。

そんな、今日のこの頃に、このブログを見つけてほんとに幸いです。
ありがとうございます。

なんか、ネジを締めなおせたような気がします^^

とはいえ、物理的にいまから早稲田は厳しい。なので思い切って浪人しようと決意しました。

なぜなら、ほんとに早稲田に行きたいからです。

いくつか教えを請いたいですが、是非よろしくお願いします><

まず、英語を徹底的にやり直したいと思います。
そこで、
①西きょうじの基本はここだ!
    と
富田の読解のルール100
を使われてたようですが、両方の特徴を教えてもらえないでしょうか?

②上の二冊はそれぞれどれくらいの基礎知識があれば、つまづくことなく理解することができるのでしょうか?

次に漢文について
ほぼ無知です。
①早覚え+ステップアップ10で、早稲田政経の漢文は太刀打ちできるのでしょうか?

最後に、
まだ気が早いかもしれませんが^^;
①早稲田にはいってよかったとおもったことはなんですか?

②独学で勉強し通して、自分のなにが一番鍛えられた(成長した?)と思っていますか?

長文失礼いたしました
2009/01/27(火) 21:25 | URL | 早稲田だけ #-[ 編集]
>早稲田だけさん
こんにちは。今年は受験されないのでしょうか?あらかじめ受験の雰囲気を体感しておくだけでも、次の本番ではだいぶ気が楽になります。僕は2005年に受けたとき、あまりの受験生の多さに圧倒されてしまいました。ですので、一度受けておいても損はないと考えます。


===英語について===

>「西きょうじの基本はここだ」
この参考書は、僕が受験勉強を開始して間もない頃に購入し、使っていました。これは、例文集のようなものです。比較の英文、倒置の英文、省略された語がある英文、同格表現がある英文などなど、頻出のパターンを集め、その読み方の解説を収録した参考書です。長文を読んでいて、「あれ、この文はどういう読み方するんだっけ」と思ったときに使うと(おそらく)効果的です。この手の「短い例文を挙げてその解説をする」という参考書は、長文読解しているときに手元に置いておくのが効果的ではないかと考えます。つまり、この参考書だけを読んで暗記するのではなく、「別の参考書なり問題集で長文を読んでいて、分からない構造の文が出てきたときに「基本はここだ」で調べる」という使い方が良いと思います。

これを覚えるための前提知識としては、中学の英文法・単語・熟語があれば取りあえずは問題ないと思います。



>「富田の読解のルール100」
これは「解法のルール144」のことでしょうか?(同じ著者の「英文読解100の原則」という参考書もありますね)

「解法のルール144」は、「英文読解100の原則」があまりにも素晴らしかったのでその勢いで買ってしまったのですが、こちらは身につきませんでした。長文を提示し、その解説に何十頁も割いているのですが、説明があまりにも難解すぎて、ほとんど意味不明でした。あるいはこれは僕の理解力の程度が低すぎたのが原因かもしれません。いずれにせよ、偏差値60(代ゼミ・河合の記述模試)くらいでは駄目だったようです。「100の原則」を完全に理解し、さらに難関大向けの単語・熟語・文法・語法・構文を身につけてからでないと理解できなかったと思います。


===漢文について===
「早覚え+ステップアップ10」だけでは少し不安が残ります。かといって、他に使えそうな漢文の参考書がないのが現状です。上記の2つをやった後は過去問、模試、実践問題集を多くこなして足りない知識を補うのがベストであると考えます。実践問題集にはZ会の旬報(解答・解説編)がなかなか使えます。これはZ会の会員でないと買えないのですが、ヤフーオークションなどに安く出回っているのでそこで購入するのも一つの手です。僕はそうしました。


===最後に===
>1.早稲田に入ってよかったと思うこと

第一に、早稲田大学が非常に巨大な大学で、学生がたくさんいて、活気に満ちている点です。昼休みには中庭でチアリーディングを行っていたり、拡声器で政治的発言をしている者がいたり、サークルなどの課外活動が活発だったり、何らかの講演がたくさん催されていたり、100キロハイクのように端から見ると「馬鹿じゃないのか」と哀れみの目で見られそうなことでも非常に熱心に全力で取り組んでいたり、とにかく活気にあふれています。ここに来れば何かわけの分からないパワーを肌で感じることは間違いないでしょう。

それに文化的にもオープンで、海外からの留学生をたくさん招いているので、外国人が普通に構内を歩いています。僕のように田舎で育った人間にはまさにカルチャーショックでした。土日のキャンパスは学生の姿は少なくなりますが、かわりにお年寄りやお子さんを連れた家族連れがキャンパスを見学されている姿を見かけます。こういうのを見るのもなかなか良いものです。

それと早稲田のシンボルである大隈講堂が非常に格好良いです。僕のブログのプロフィール画像にもありますが、大隈重信像のところから見るこのアングルが非常に気に入っています。試験を受けにきたときに初めて生で見たときは震え上がりました。入学後は毎日のように見ることになりましたが、それでも見るたび「やっぱイイなあ」と感じます。

他にもコネクションやらブランド力なんてのがあると思いますが、それについては他の人のほうが詳しいと思うのでここでは語りません。僕としてもそれほど興味があるわけではないので・・・。


>2.独学をやってきて一番成長した点

自分の分析ができるようになった点です。何か目標を立てたときに、現在の自分の能力や性格を分析し、目標に到達するまでに何をやるべきか、そのステップを自分で作成し、実行できるようになったと思います。これは目標が大きく、またその過程が地道であればあるほど必要になってくる力だと考えます。


それと、これは独学と直接関係しているものではありませんが、受験勉強(特に難関大の受験勉強)は、ある種の思考システム(論理的な考え方、効率的な考え方、体系的な考え方)の良い訓練になると思っています。何と何に関連性があるのか、何をやれば無駄なく次のステップに進めるのか、断片的な知識をまとめるにはどうすればいいのかetc...そういった「思考システムの訓練としての受験勉強」という見方を最近するようになりました。

そう考えると、受験勉強というものもなかなか人生の役に立つじゃないか、と思えるようになりました。まあ、気づくのがちょっと遅すぎましたが・・・(笑)できれば高校生のときに気づいていたかったです。

そんなわけですので、若い早稲田だけさんはぜひとも頑張って下さい。
2009/01/28(水) 21:22 | URL | マツ #mQop/nM.[ 編集]
マツさん!早稲田商学部になんとか合格できました!
2009/03/02(月) 01:01 | URL | あ #-[ 編集]
英作文についてお聞きします。今現在「大矢英作文講義の実況中継」と「基本英文700選」をやり始めたのですが、基本的に英作文の参考書+例文暗記でいいのでしょうか?和文英訳や自由英作文がまったく書けず落ち込んでいます。あと何か英作文のコツかなにかあったら教えてください。
2009/03/05(木) 08:40 | URL | 焼き鳥 #-[ 編集]
>あさん
おめでとうございます。入学までゆっくり休んで下さい。

>焼き鳥さん
和文英訳のコツの一つは、和文を変換することにあります。
例えば
「数分歩けば図書館に着くでしょう」
という和文を英訳する場合、簡単なのは
If we walk in a few minutes,we reach the library.
と書くことです。
しかし問題によっては出だしを指定していたり、使用する動詞を指定していたりすることがあります。
例えば
(問)「数分歩けば図書館に着くでしょう。」を英訳せよ。ただし、動詞にbringを使用し、10語で書くこと。
といった場合です。
この場合、和文を「数分の徒歩が我々を図書館に連れていく。」と変換し、
A few minutes' walk will bring us to the library.
と書くことができれば正解です。
これはいわゆる「無生物主語構文」ですが、こうした英語特有の書き方を問うてくる問題が英訳には多いと感じます。
そこらへんも意識しながら構文の暗記に努めれば、自然と書けるようになってくるかと思います。

自由英作文はのコツは、論文の書き方になれることにあります。
英語圏における論文は
1.主張(譲歩含む)
2.主張の裏づけ(例示)
3.再度主張
といった書き方が好まれます。
要は、これを真似すればいいのです。

私は○○と考える。(主張)
一般的には××と考えるかもしれない。(譲歩)だがそれは間違っている。(主張)
第一に□□だからである。(例示1)
第二に■■だからである。(例示2)
最後に△△だからである。(例示3)
ゆえに、○○といえるのだ。(再び主張)

自由英作文においては主張の内容よりも主張が首尾一貫しているか、明確な論理展開をしているかが重要です。無理に変な視点から見た主張や、難しい言い回しをしなくて良いのです。簡単な文章を、明確に書けるようにしましょう。そのためには、前述したような論理展開を意識しながら英作文の参考書を読んで、自分で書いてみることが大切です。最初は日本語でいいので、とにかく書いて練習しましょう。
2009/03/06(金) 21:34 | URL | マツ #mQop/nM.[ 編集]
自分も多浪で早稲田を目指しています。いつかマツさんと同じ早稲田の学生になれるように頑張りたいと思います。
2009/03/08(日) 00:15 | URL | 多浪狸人 #-[ 編集]
>多浪狸人さん
こんにちは、はじめまして。
多浪狸人さんのブログを拝見しました。新聞配達をしながら受験勉強する、というのはかなりつらい生活だろうと思います。
偉そうにアドバイスできる立場ではありませんが、つらい時期を何とかがんばって乗り越えることができれば、それは自分の自信につながります。これは間違いないことです。
僕も大学に入ってから様々な問題に直面してまいりましたが、それでも受験生時代の苦難に比べれば大したことではありません。
「若いうちの苦労は買ってでもしろ」という言葉がありますが、ようやく意味が分かってきた気がします。

それはともかく、早稲田合格をその手で掴み取ることを祈っております。がんばってください。
2009/03/08(日) 11:07 | URL | マツ #mQop/nM.[ 編集]
今年早稲田に入学したものですが、
マツさんはどこかサークルに所属しているのでしょうか?それと出来たら今はどのようにお過ごしなされているのか教えてください。今何か頑張っているものはあるかなど、最近の状況が知りたいです。
2009/04/03(金) 00:12 | URL | 早大生 #-[ 編集]
政治経済の勉強はどのようにされたのでしょうか。是非教えて下さい。
2011/07/09(土) 10:21 | URL | ななし #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/30(水) 12:51 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wasedatarou.blog12.fc2.com/tb.php/500-36f60c85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。